釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【1m超の巨ブリも登場】明石沖は青物の魚影が濃いぞ!

明石沖では青物が依然好調に釣れています。

明石浦の魚英では6月25日に今シーズン初という101cmの巨ブリが釣れました。

ほかにもハマチは船中3ケタ釣果もあるなど、魚影の濃さがうかがえます。

狙い方はジギングで釣れています。

ジグは魚英オリジナルのチョロコージグで釣れています。

重さはポイントによりますが100~250gを使用するとよいですよ。

明石沖のほかのポイントでは、サビキマダイやタイラバで40cm級の食べ頃マダイが好調に釣れていますが、サビキマダイの仕かけにも青物が食いついてくることが多いので、青物に関してはかなり数が多いことと思われます。

明石沖の魚は急流に揉まれて身質もよく、ブランド魚として扱われることが多いので、その引き味と食味を味わいに出掛けてみてはいかがでしょうか。

魚英の詳しい情報を見る
美里丸の詳しい情報を見る
槙龍丸(シバキまる)の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る