釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【最初の1本にもサブロッドにもオススメ】アルファタックルの「海人タチウオテンヤ」のnewモデルがよさげ

今年の大阪湾のタチウオは遅れているとは言え、やっぱり釣果も気になるし、newアイテムも気になっちゃう。

そんな逸る気持ちを抑えきれずに、いろんなメーカーのサイトをついついネットサーフィンをしてしまっています。

アルファタックルのサイトを見ていると、気になるテンヤタチウオロッドがあったので紹介しちゃいますよ。

海人タチウオテンヤ82 190M」です。

8対2という、もはや定番の調子と扱いやすい190cmという長さでムチャクチャ使いやすそうです。

8対2調子で目感度重視のカーボンソリッド、近年流行りの掛けの釣りにも対応

調子はテンヤタチウオロッドらしい、先調子に仕上がっています。

また、190cmのレングスながら123gと軽量さも売りで、ジャーク系の誘いもやりやすいこと間違いなしです。

トリガーには扁平で、小さい形状のトリガーを採用しているので握りやすく、疲れにくい形状になっていますよ。

30号に対応で様々なエリアに対応できる

対応のオモリ号数は30~60号に対応しているので、40号がメインの大阪湾の船宿だけでなく、30号の軽いテンヤを使用する岡山エリアや、50号を使用する豊後水道、明石エリアの一部の船宿でも使用することができますよ。

価格も2万円台とコストパフォーマンスにも優れているので、最初の1本や、サブロッドをお探しのアナタにも、ぜひオススメですよ!

 

ニュース一覧に戻る