釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

イカメタル女子会でイカが釣れマクリ!

7月18日、この日はイカメタル女子会と銘打って、釣り好き女性7名が集まり和歌山よりイカメタル釣行へ行ってきました。

まだ日が出ているうちは底から探っていくと、すぐに「キター♡」と嬉しい声が。

女性アングラーファーストヒットは、この日イカメタルデビューだったえりかさん。底から3mほど上げたところで、可愛いアカイカちゃんがヒットしたそうです。

明るい間は底でパラパラと釣れました。日が暮れると水深30m付近でアタリが頻繁にあるものの、ソフトタッチなイカパンチが多く、なかなか乗らない時間となりました。

そんな時は誘い下げの釣りをしながらアタリが多いタナを中心に優しく誘っていくと、しっかりとスッテを抱いてくれました。

20時半過ぎになると、アカイカの活性が急上昇。

全員でタナと当たりカラーを共有し、水深5~10mの浅ダナで誘いを入れていきました。

最初のヒットカラーは、赤黄色の鉛スッテ。優しくフォールを入れた後、ロングステイしていると、やる気満タンなアカイカちゃんのアタリが連発。

この日初めてイカメタルに挑戦したメンバーもどんどん赤イカを追加していき、複数ヒットのオンパレード。

写真を撮っている間にも続々とヒットし続け、船中は大盛り上がりでした。

当たりカラーがかわる度に、全員でタナとカラーを共有していくことで、タナも水深5~10m前後の浮いたイカの高活性の時間を持続させることができました。

この日、最も長時間アタリがあったカラーは、赤緑のスッテ。終盤には赤白やピンク系のスッテもよくアタりました。

ベイトも表層にたくさん泳いでいましたが、スッテにイタズラしてくるようなベイトやゲストは少なかったので、スッテのロストもなく、初心者でも楽々とイカを追加することができ、イカメタル デビューをした女の子達も大満足。

コンスタントに釣れ続いていましたが、途中でペースダウンする場面もありました。

ペースダウンしてからも工夫次第でどんどんイカが釣れた

ペースダウン時には、アンダーキャストでカーブーフォールを入れながら狙いダナにスッテを入れたり、スッテに乗りきらないソフトタッチなイカパンチにはフッキングを入れずにしっかり抱くまで誘いを掛ける…等、工夫をすればするほど釣れ続いてくれました。

アングラーの創意工夫で釣果に差が出たテクニカルな場面もあり、イカメタルの面白さの虜になったアングラーがこの日だけでもたくさんいらっしゃいましたよ♫

トップは100パイ超

この日の竿頭はイカメタル女子会にドライバーとして同行してくれていた私の父、アカイカ101パイ+スルメイカ少々でした。

女性アングラーが楽しめるよう、サポートして頂いた男性陣もしっかり釣果を出して船中大盛り上がりの中、タイムリミットで納竿となりました。

和歌山エリアのアカイカは小ぶりなサイズが多いですが、身はとっても甘くて柔らかく食味は最高。

これから日中はますます暑くなってくるので、半夜便で涼しく快適に。

そして、楽しくて美味しいアカイカ釣りを楽しみたいですね♡

和歌山の船宿の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る