【大型アジ実釣レポート】大衆魚のアジも40cmを超えれば引き味も食味も堪らない! そんな大型アジが狙える、魅力いっぱいの釣りをタン能

暑い日が続くと、何故だかアジが食べたくなる。

刺し身になめろう、アジのフライ、南蛮漬けと考えるだけでヨダレが出てきそうだ。

小アジなら堤防でも十分釣れるが、「どうせならデカいアジを贅沢に食べたい!」と思い、釣行した。

和歌山県加太港から出船している金比羅丸はリーズナブルな料金設定で、季節の五目釣りが楽しめるとあって人気の船宿だ。

その金比羅丸では最近、良型アジが釣れているそうだ。

「デカいアジが釣れるかなぁ」と友人たちと期待を膨らませながら加太港を出船したのは4時半過ぎ。

大型アジが高確率で狙える友ケ島周辺がポイント

港からおよそ15分の友ケ島周辺のポイントへと到着する。

アジは基本的に底周辺を狙う

すると、船長から「水深は50m、底をトントンするようにやってみてください」と指示があり、早速釣りを開始する。

この日は海の透明度がとても高く、なかなか食わない状況。

アタリがあってもエサが少しかじられているぐらいだ。

そうこうしているうちに時間は過ぎていく。

「今日のアジの刺し身はナシかな?」なんて思っていると、竿がゴツゴツ、ギュインと大きく曲がった。

釣れたのは20cmぐらいの小型のアジ。

20cm前後アジを釣り上げた名嘉氏

これではと、さらに大型を狙う。

そして、しばらくすると、ついにきた!

あまりの感動に思わず「きたで、きたで~」と声がでる。

そして上がってきたのは35cmの良型アジだ。

嶋田氏は船釣り初めてながら、大型アジを釣り上げた

ここからはポツポツと釣れだして土産も十分の釣果となった。

何と、終盤には大型アジが登場!

そして、この釣り初めての友人には、後半に何と、45cm前後のデカいアジが釣れた!

当日最大となる45cm前後のアジを釣り上げた片山氏

船中は大盛り上がり、もちろんそのアジの美味しさといったら、絶品の一言だ。

自己新記録更新も十分狙えるこの釣りは魅力いっぱい。

季節次第で、アジのほかガシラ(カサゴ)、マダイなども狙うので、ぜひあなたもこの釣りをタン能してもらいたい。

金比羅丸の最新釣果はこちらから
金比羅丸の詳しい情報を見る
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!