釣り人の憧れ・魚拓は、簡単に出来る時代!美しく素敵な思い出として形に残せる「デジタル魚拓」はいかが?

 

みなさん、魚拓を作ったことはありますか?

記者はまだありません。マダイの80cm、シーバス(スズキ)の90cm、タチウオの130cmのいずれかが釣れた際には作りたいと思っています(未作成ということは、未達成)。

みなさんも、メモリアルな魚が釣れた時には、魚拓を作りたいと思いませんか?

 

しかし、どうやったら出来るのか。魚を持ち帰って自宅で作成…とは、なかなかハードルが高い。

そんな、作りたいけれど二の足を踏んでいる人にオススメの、デジタル魚拓をご紹介したいと思います!

出典:デジタル魚拓サービス Re:fish

画像があれば簡単に出来るのが「デジタル魚拓」

デジタル魚拓という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、いったいどんなもので、どんな仕組みか分からないという人もいらっしゃると思います。

デジタル魚拓とは、スマホやデジタルカメラなどで撮影した魚の画像を加工して、魚拓を作成するというもの。そう、画像があれば手軽に出来るのが、デジタル魚拓です。

リアルで迫力のあるデジタルならではカラー魚拓や、墨で描かれた昔ながらの魚拓など、いろんな魚拓が作成可能。

また、紙やパネルなど、素材も選択できますし、背景の設定や、データの記載など、多彩なサービスも展開。色や文字の雰囲気なども選ぶことができるので、自分好みの魚拓にカスタマイズが可能です。

出典:デジタル魚拓サービス Re;Fish

デジタル魚拓 魚墨さんの例

墨魚拓

出典:デジタル魚拓 魚墨

カラー魚拓

出典:デジタル魚拓 魚墨

リアル魚拓

出典:デジタル魚拓 魚墨

デジタル加工のため補正や修正ができ、またより鮮明にすることもできるので、美しい形で思い出を残すことができます!

画像データがあれば作成ができるので、デジタル魚拓はプレゼントにもオススメできますね。

 

依頼方法も簡単。魚のサイズや印刷する素材、オプションなどで価格には幅がありますが、きっと満足値は高いはずです。

デジタル魚拓という美しい形として残る思い出は、これからのあなたの釣り人生も豊かにしてくれること、間違いなし!

ぜひ一度、思い出の魚やメモリアルな魚を、デジタル魚拓として形にしてみてはいかがでしょうか!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!