イカめし風のリゾットがめちゃくちゃおいしそうな件

寄稿:菱田裕子、雅巳

日本海のイカシーズンは、各地ともに半夜便や深夜便のイカ狙いやイカ五目で賑わいを見せる季節です。

そこで、我が家の「板長=女房」が、私が各地への釣行で釣ってきたイカや、ゲストで釣れる魚を美味しく召し上がっていただくための「料理レシピ」を紹介します。

今回は久しぶりに本命のマイカでの料理「イカ墨リゾット」です。

新鮮なイカ墨は匂いも気にならずコクのある味わいなのでぜひともチャレンジしてみてください。

イカに米と具を詰めたイカ飯風の「イカ墨リゾット」

◆ 材料 ◆
•小ぶりのマイカ 3バイ
•イカ墨 5、6パイ分
•米(うるち米) 大さじ2
•エリンギ(マッシュルームでも)みじん切り 大さじ1
•玉ネギみじん切り 大さじ1
•トマトピューレ(ジュースやトマト缶でもOKその時はピューレより多めに)大さじ3
•オリーブオイル 大さじ1
•にんにくスライス 1かけ分
•白ワイン 50ml
•コンソメ顆粒 小さじ2
•塩、こしょう 少々
•シーフード用乾燥ハーブミックス 少々
•粉チーズ 少々
•生バジル 少々(なくてもよい)

◆ 料理手順 ◆

①イカはスミ袋を破らないように気を付けて足を外したら皮を剥き、スミ袋も分けておきます。

②イカの足2ハイ分を細かく刻みます(1パイ分は別の料理にします)。

③②の刻んだ足と米、エリンギと玉ネギのみじん切りをまぜ合わせ、スプーンで①のイカの胴に半分くらいを目安に詰め、水を注いで爪楊枝で端を閉じたら小鍋に並べます。

④鍋にオリーブオイルとにんにく、白ワイン、トマトピューレ、コンソメ顆粒を入れ、イカがかぶるぐらいの水を足して、フタをして中火に掛けます。

⑤鍋が沸いてきたら、弱火にして15分ほど加熱します。

⑥イカ墨を入れてひとまぜしたら、塩コショウで味を調え、中火で3分ほど汁を煮詰め、乾燥ハーブミックスを振り入れて火を止めます。

⑦鍋にフタをしたまま10分ほど蒸らしたら、ひと口サイズに切り分けて皿に盛り、粉チーズを振って、あれば生バジルを添えます。

◆調理時のポイント◆
イカは小さめの方が煮えやすく、仕上がりも柔らかくて美味しいです。

イカは小振りなものがオススメ

イカ墨はお刺し身を取った残りなど多めに入れると、コクのあるイカ墨ソースになります。

鮮度のよいイカ墨は臭みもなく、旨みたっぷり! 捨てるのはもったいないので、ぜひお試しを。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!