巻き乗せってなんだ?メジャークラフト・タチウオ道場舟てんやの新アイテムの特徴とは?

タチウオ特集

2019年に発売された、メジャークラフトのタチウオテンヤ「タチウオ道場舟てんや」には、ノーマルバージョンと、針の小さい掛けバージョンがありますが、2020年に新しいバージョンが発売になっています。それが、「タチウオ道場舟てんや 巻き乗せ」。

「タチウオ道場舟てんや巻き乗せ」【メジャークラフト】

電動リールの微速巻き(タダ巻き)でタチウオを狙うような場合に有効なタイプで、電動リールの巻きの釣りに最適な仕様となっています。

では、どんな特長があるのかと言うと…まず、従来モデルの特長から説明しましょう。

マジックアイ採用で、掛け調子の従来モデル「タチウオ道場舟てんや」

従来モデルの「タチウオ道場舟てんや」と「タチウオ道場舟てんや早掛け」は、尻下がりのバランスで、タチウオと針が近いので合せた瞬間に掛かる、いわゆる早掛け調子の設計。マジックアイという、尻下がり形状になるアイを採用していましたが、今回新たに発売された「タチウオ道場舟てんや巻き乗せ」は、水平バランスを保つように設計されています。

左が水平姿勢の「タチウオ道場舟てんや巻き乗せ」、右が従来モデル

「タチウオ道場舟てんや巻き乗せ」は、ほぼ水平バランスを保つため、尻下がりになる状態よりもフトコロが深くなり、しっかりとタチウオを食わせることが出来るのが強みです。

※イメージです

また、ヘッドの形も違っており、「タチウオ道場舟てんや巻き乗せ」は、水切りヘッドを搭載。潮の抵抗を受けにくいため、水平姿勢を保ち巻き上げが安定するようになっています。

巻き乗せ(写真左)は従来のモデルに比べてヘッドの形状がシャープになり、安定した水平姿勢を保つ

さらに、従来モデルにも採用されていた、イワシなどエサの頭を乗せてワイヤーを巻き、しっかりとエサを固定できるアゴのせホールも健在です。

さらにさらに、フロロリーダ&スナップと、エサ巻き用ワイヤー2つも付属! オールインワンなのも嬉しいところですね!

「タチウオ道場舟てんや巻き乗せ」には2020年の新色が追加!

ゼブライエロー

夜光オレンジ

ちなみに、新モデルには2020年の新色が追加!

まばゆいばかりの超アピール系のゼブライエローと、夜光オレンジです!

■SPEC

太刀魚道場 舟てんや
size & price:30号(110g) / ¥730・40号(150g) / ¥750・50号(190g) / ¥800
color:5色

太刀魚道場 舟てんや早掛
size & price:30号(110g) / ¥670・40号(150g) / ¥700・50号(190g) / ¥800
color:5色

太刀魚道場 舟てんや巻き乗せ
size & price:30号(110g) / ¥730・40号(150g) / ¥750・50号(190g) / ¥800
color:5色

メジャークラフト公式「タチウオ道場舟てんや」詳細ページはコチラ

攻めたい派か、待ちたい派か。当日の状況やシチュエーションによって、またはみなさんの釣りのスタイルによって、テンヤを使い分けてみてくださいね!

カワテツこと川上哲さんが実釣!こちらの動画もぜひご視聴ください!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!