特定の状況に応じたワカサギ穂先がメチャクチャ釣れそうで気になるぅ!

ワカサギ特集

関西でもにわかに盛り上がりつつあり、関西以東ではメジャーターゲットになりつつあるワカサギ。

釣り方もさまざまですが、ワカサギは天候やいろいろな条件に合わせて活性が非常にかわりやすい魚なので、釣り人が釣り方、仕かけ、誘いなどをアジャストしていく必要があります。

そこで、今回紹介したいのはシマノの電動リール用専用穂先「レイクマスターエクスペック」の追加アイテム。

新たに3つのアイテムが加わったので早速チェックしていきましょう。

M01E REACTION BITEはリアクションで食わせる誘いを得意とする穂先

M01E REACTION BITEは硬めの先端部としっかりした元部、柔軟な中間部をあわせ持つ「への字」調子のエキサイトトップを採用しています。

への字調子の竿はリズミカルな誘いがやりやすく、鋭い誘いを織り交ぜることでリアクションバイトが期待できる穂先になっています。

アイテムの紹介動画もあるのでチェックしてみてください。

M01K KAMISORI FINESSEは繊細なアタリを察知できるフィネスモデル

M01K KAMISORI FINESSEは従来の厚み方向のテーパーに加えて、幅にもテーパーを設けることで、カミソリテーパーの穂先を限界まで柔らかくして食い渋りやサイズの小さなワカサギにも対応したモデルになっています。

誘いの途中や、タルマセ、聞き上げの際にでる小さなアタリも敏感に察知してくれるので、手バネ竿のような感覚で使える穂先です。

コチラも動画があるので紹介しておきますね。

M00E SHIBUSHIBU EXCITEは新形状の「ハイブリットエキサイトトップ」を採用した穂先

M00E SHIBUSHIBU EXCITEは新形状の「ハイブリットエキサイトトップ」を搭載で、アタリが大きく増幅して表現される調子の穂先です。

少し硬めの素材を使用することで誘いの操作性がアップしており、細かい誘いや、鋭い誘いもやりやすくなっています。

こちらも動画があるので、ぜひチェックしてみてください。

以上が「レイクマスターエクスペック」の追加アイテムになります。

最新アイテムでワカサギ釣りを楽しんでみてくださいね。

詳細はシマノの公式サイトで
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!