プリっとした触感がいい、アオリイカの八宝菜が激ウマ

寄稿:菱田雅已、裕子

日本海のイカシーズンは、各地ともに半夜便や深夜便のイカ狙いやイカ五目で賑わいを見せる季節です。

そこで、我が家の「板長=女房」が、私が各地への釣行で釣ってきたイカや、ゲストで釣れる魚を美味しく召し上がっていただくための「料理レシピ」を紹介します。

今回は夜釣りのターゲット、アオリイカの料理です。ぜひお試しください。

プリっとした食感が美味なアオリイカの八宝菜

◆ 材料 ◆ (4人分)
•アオリイカ 1、2ハイ 皮を剥き、斜め格子に飾り包丁を入れてそぎ切り

•豚の肩ローススライス100g ひと口そぎ切り

•エビ 6~8匹 皮を剥いて酒で洗う

•白菜 200g ひと口にそぎ切り

•ニンジン 60g 短冊切り

•タケノコ 100g いちょう切り

•キクラゲ10g ぬるま湯に漬けて戻し、ひと口サイズにカット

•玉ネギ 中1/2個くし切り

•白ネギ 1/2本 斜め切り

•青梗菜 1株 根本は縦に8等分とざく切り

•ゆで卵 2個 縦に4等分

•醤油 大さじ1

•オイスターソース 大さじ1

•鶏がらスープの素 大さじ1

•酒 大さじ1

•塩コショウ 少々

•サラダ油 大さじ1.5

•ごま油 小さじ2

•片栗粉 大さじ2 同量の水で溶いておく

•ショウガすりおろし 小さじ1.5

◆ 料理手順 ◆
①中華鍋を温め、サラダ油大さじ1とショウガ、豚肉、エビ、イカの順に加えて、肉の色がかわるまで中火で炒めたら、皿に取っておきます。

②①の中華鍋を洗わないで、そのままサラダ油大さじ1/2を加え、ニンジン、玉ネギ、白菜、キクラゲ、タケノコを炒めます。

③野菜がしんなりしてきたら、青梗菜の根元と白ネギを入れ、ざっとまぜ合せたら、水を半カップ入れて、強火で煮たたせます。

④鍋がグツグツと煮えてきたら、酒、ガラスープの素、醤油、オイスターソースを加え、青梗菜の葉と①の肉、エビ、イカを戻して、ひと煮立ちさせたら水溶き片栗粉をまぜ入れます。

とろみが付いたら、鍋肌からごま油を回し入れて、ひとまぜします。

⑤味見して、塩コショウで整え、皿に盛って、ゆで卵を乗せます。

◆料理時のポイント◆
アオリイカは好みの量でどうぞ。たっぷり入れると美味しいです。

ウズラのゆで卵を使う時は、手順④で加えますが、カットしたゆで卵は黄身がバラバラになるので、皿に盛ってからがよいです。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!