結び方の不安を解消! 佐々木洋三に学ぶ“簡単・最強ラインの結束方法”潜入レポート

11月19日、大阪駅前第4ビル地下1階会議室・展示会場15にて「佐々木洋三に学ぶ“簡単・最強ラインの結束方法”」が開催された(主催:MTXREPAIR★イベント事業部。協力:ハピソン、金龍鉤、サンライン、シマノ、イチバンエイトグループ)。

同イベントは、多くの釣り人が悩んでいる、ソルトゲームの時に多用するPEラインとリーダーの結束を、ワークショップ形式で学んでいただこうという企画。今回は受付時の検温、アルコール消毒、全員マスク着用、換気の徹底などの感染症対策を講じて開催された。

受付時に検温とアルコール除菌、全員マスク着用など感染症対策を徹底していた

参加者は24名。まず初めに佐々木氏からノットに関する総論が述べられ、4グループに分かれた参加者が4種類の結び方を学んだ。

第1グループは「リーダーとルアーやスイベルとの結束方法を学ぼう!」というお題で、ユニノットとパロマーノットの勉強。講師はルアー1BANの岡室裕介店長。

ロープを使って結び方を説明する岡室氏

第2グループは「鈎の結び方ってこんなに簡単!」というお題で、針の外掛け結びについて勉強。講師は金龍鉤の佐藤一哉氏。

針の結び方を説明する金龍鉤の佐藤氏

第3グループは「これは簡単、ハピソンの電動“ラインツイスター”を使ってみよう!」というお題で、PRノットの勉強。講師はハピソンの曽我部颯希さん、酒井想一郎氏。

ラインツイスターの使い方を説明する酒井氏

ハピソンの曽我部颯希さんも参加者をサポートした

第4グループは「“ボビンワインダー”でPEラインとリーダーを結ぼう!」というお題で、ボビンノットの勉強。講師はシマノアドバイザーの佐々木洋三氏。

ボビンワインダーを使ったノットを解説する佐々木洋三氏

各講師が最初にお手本を見せてから、参加者に挑戦いただき、講師がアドバイスしていくという流れで手取り足取りのレクチャーをしていた。

4グループに分かれて各講師のレクチャーを受けていた

1つのお題に約30分で講師が入れ替わっていき、約2時間のイベントはあっという間に終了。参加者はとても満足された様子で、イベント終了後に会場すぐのルアーショップ1BANで買い物をされている方も多数いた。

「ラインの結び方のワークショップは初めての試みでしたが、問い合わせも多く、参加された方も満足された様子だったので、今後も定期的に開催していきたい」とイベント主催者の仲みゆきさん。

司会・進行する仲みゆきさん

今はwebや動画で結び方を学ぶこともできるが、リアルなイベントに参加することで、より理解が深まったり、上手になったりするメリットがある。このようなイベントが全国各地で増えていく事を期待したい。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!