【グイグイと強い引きが魅力】大型のマコガレイを堤防からキャッチ!

寄稿:松尾幸浩

秋本番、カレイの投げ釣りが面白くなってきた。今回は大型カレイでは定評ある兵庫県明石市の新浜漁港へ釣行した。

夕方の込み潮狙いで釣行

この日は夕方の込み潮を狙って、現地到着が14時過ぎ。

潮もまだ止まっているので、青物を狙うルアーマンの姿もなく、大波止はいつもの静けさを取り戻している。

カレイは白灯台先端部の内向きがポイントで、やはり貸切状態。

潮が走るまで時間があるので、ゆっくりとタックルを準備する。

投げ竿はウインドサーフT33号405、リールはパワーサーフ4000QD、仕かけはカレイ針12号の2本針。

まだまだエサ取りが全開なので、エサは堅い塩マムシを用意した。

日差しは強いが、猛烈な北風が吹いて向かい風になり、非常に釣り辛い。

15時前にいざスタートフィッシング

15時前からゆっくりと潮が動き出したので、目の前の一文字波止との水道部へキャスト開始。

ここは水深が約3mと浅いが、潮通しは抜群でシモリが点在し、いかにも大物が潜んでいるような雰囲気がある。

竿を並べて様子を伺うが、エサ取りの猛襲で竿先は上下ダンスの真っ最中。

エサ取りの活性高く固い塩マムシでもすぐに素針にされる

固い塩マムシでも、数分で素針にされてしまう。

早場カレイ狙いは、エサ取りとの根競べに勝てるかどうかがカギ。

エサが付いていない仕かけでは、カレイは釣れないのだ。

辛抱強く探っていると、16時過ぎには潮が走りだした。

さあ、チャンス到来。

エサ取りとは異なるよいアタリで現れたのは……

竿先を注視していると、1番右の竿にコンコン、グィーッと、エサ取りとは違う明確なアタリがでた。

「おっ、これは本命だ!」と、ひと呼吸待ってから合わせると、ズシッと乗った。グイグイと締め込むので、大物と直感。

タモを横に置いて慎重に浮かせると、デカいカレイが見えた。

1発でランディングして測ると、35cmもある見事なマコガレイ。

潮を読んで仕留め、これならたっぷりと美味い刺し身が取れると、思わずニッコリ。

それからも激流の中を17時過ぎまで粘ったが、残念ながらカレイの追加はなく、納竿した。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!