【堤防から大物を狙えるアイテム】バツグンの性能を誇る「投次郎」が何だかヤバそう!

みなさん、釣りには行かれていますでしょうか?

悪天候や用事で釣りがいけない日が続くと、いてもたってもいられなくなりますよね!

そんな時は、いい釣具がないかなと探すに限ります。

釣具屋、ネットサーフィンなどで探している私ですが、気になるジグを発見したので、皆さまに紹介したいと思います。

投次郎(なげじろう)

それは、オーナーばりから発売されている「投次郎(なげじろう)」です。

バツグンのネーミングセンスはもちろんですが、名前だけじゃないその性能。

さっそく、この投次郎はどんなジグかを紹介したいと思います。

投次郎の特徴はコレ!

超コンパクトフォルム

タングステン並みの超コンパクトボディなので、ベイトが小型のときに、圧倒的な効果を発揮します。

食い渋い時にもめちゃくちゃいいですよ!

過剰なアクションを抑えている

あえて、このジグは過剰なアクションを抑えています。

なので、スレている魚に強い!

しっかりとバイトを拾うことができます。

水平フォールで食わせる時間を作る

このジグのいい所は常に水平フォールを保っていること。

減速からフォールに至るまで、水平に沈下し浮遊時間を稼いでいます。

食わせのタイミングを作ることで、ヒット率も格段にアップしています。

鋭すぎる針でしっかりバイト!

このジグには、投技フックが標準装備されています。

なので、魚が食わずにじゃれついているようなバイトでもしっかりフックアップします。

ジギングをしているとアタリがでても掛からないことも多いです。

しかし、このフックが装備されていると安心感が違いますよね!

筆者が気になる凄いトコ

常に針先が上を向いているので、根掛かりしにくい

このジグに標準装備されているフックは、フォール時はもちろん着底した時も常に針先は上を向いています。

なので、根掛かり率を各段に下げています。

底を中心に誘う時にはとっても効果的ですよね!

ジグの動きを妨げない、フックシステム

このジグに搭載されているフックの組糸は、ジグの動きを妨げないように通常より細くしています。

できる限り、水圧を抑えてジグの動きを妨げないようにしています。

と、ここで「細いイコール、ラインが弱くなるのではないのか?」と思った人もいるのではないでしょうか?

安心してください。

組糸は細くなってもより強く作られているので、ブリ級がきても何なく上げてくることが可能です!

もう、投次郎の性能は十分わかっていただきましたよね!

後は、実際に釣行して、投次郎の効果を体験するだけです!

釣った感が堪らないジギングを、ぜひ楽しんでくださいね!

ラインナップ

・カラーは全14種類
・重さは20~50gを展開

この商品の詳細は公式ホームページにて

商品の開設動画はこちら

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!