【ご当地の釣り紹介】これから旬を迎える、楽しい釣りはどうですか? のんびりと釣りができる、和歌山・美浜沖の「飼い付けチヌ」

「寒くたって釣りには行きたい」。

どんな寒くてもそう思うのが釣り人の性ですよね。

寒波続きの日本列島ですが、釣りさえできる状況なら今すぐにでも行きたい。

と、そう思っている人が多いと思うので、今回は今オススメしたい「ご当地の釣り」を紹介します。

和歌山・美浜沖の「飼い付けチヌ」

その釣りとは、本州の紀伊半島の南側に位置する和歌山県御坊、美浜沖の飼い付けチヌです。

チヌとは関西の呼び名で、標準和名をクロダイと言います。

釣り人なら、多くの人が知っている人気ターゲットです。

昨年、山見丸で釣り上げられた良型チヌ

飼い付けって一体何?

飼い付けとは、船長がポイントにエサを撒き、回遊してきた魚を足止めさせることです。

例年、この時期になるとチヌは産卵のために深場から浅場へと移動してきます。

そのチヌを飼い付けして足止めして釣ります。

飼い付け専用のマキエ入れにマキエを入れる

底まで落としてエサを撒き、飼い付けする

釣り方

船からの天ビンズボ釣りで狙う

この釣りはポイントとなる飼い付け場に船で行き、アンカーを下ろしたカカリ釣りで楽しみます。

出船しているのは、美浜港の平良丸と山見丸です。

釣り方は、マキエカゴと天ビンを使用した、天ビンズボ釣りです。

エサはマキエ、サシエともにオキアミを使用します。

マキエは詰めすぎないようにしよう

サシエはオキアミの抱き合わせがグッド

冬のチヌは旨い

この時期のチヌは産卵をするため、栄養を蓄えます。

また、沖から入ってくるので臭みもなく、とっても美味しい。

脂も乗っていますよ!

これから、本格的なシーズンを迎えるので、ぜひみなさんもこのご当地の釣りを楽しんでくださいね!

山見丸の詳しい情報を見る

 

平良丸の詳しい情報を見る

 

 

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!