【堤防で楽しむ投げ釣り】大きいキスが狙える釣り場を実際に釣行!

寄稿:松尾幸浩

堤防の投げ釣りは、初心者でも手軽に楽しめる釣りのひとつです。

釣れる魚もキスやカレイなど美味しいのも魅力的です。

今回は、兵庫県の大ギス狙いの釣行レポートをいただいたので、みなさんにご紹介致します。

ぜひ、釣りに行かれる際の釣り場のひとつとして、参考にしてくださいね!

兵庫県江井ケ島漁港で大ギスを狙う

シーズンになれば、兵庫県江井ケ島漁港は大ギスファンで賑わう。

例年なら25~30cmの大ギスの好期だ。

そこで、釣行することにした。

「最近は夕まずめがよい」と言うので現地に14時頃到着。

好ポイントの漁港南側の曲がり角には、たくさんの竿が出ていたので、最初は港内の船揚げ場でタックルをセット。

仕様したタックル

・竿:キャスティズム23号ー385
・リール:パワーサーフ4000QD

キス針10号に青イソメを刺して軽くキャスト。

航路筋からスローでサビく。

普段ならすぐにアタリがでるが、反応がない。

広範囲に探ったが気配もないので、南側へ移動。

港内は釣れないのか、釣り場が空いたのでキャスト。

港内を探ると、16時過ぎに23cmと22cmのキスがヒット。

大ギスは夕暮れの一時がチャンスなので、薄暗くなって航路筋にキャストする。

すると、ギューンと竿先を引ったくる強烈な大アタリがあった。

「これはデカイよ」と慎重にリーリングすると、25cmの大ギス。

夕まずめに25cmのキスを上げた筆者

寒い中で頑張った甲斐があった。

その後はアナゴの猛襲になり、17時過ぎに納竿。

短時間だが楽しめた。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!