【今、ウマイ魚を実釣レポ】脂の乗りが最高だ! スリル満点の引きがたまらない「寒ブリ」を狙え!

冬になると栄養を蓄え、この上なく旨くなる魚がある。

それは寒ブリだ。

今回は、そんな美味しい寒ブリを釣るため、京都府の舞鶴沖にゼロドラゴンの末吉政直氏が釣行。

末吉氏より釣行レポートをいただいたので、みなさんに紹介したい。

末吉政直(すえよしまさなお) プロフィール

電動タイラバ、電動ジギングブームの火付け役的存在として常識破りな革新的アイテムを送り出す釣具メーカー「ZERODRAGON(ゼロドラゴン)」のスタッフ。キャスティングティップランなどの新釣法も提案中

京都府・舞鶴沖で寒いブリを狙う

寒気が入り一段と寒くなりました。

今回、お世話になったのは、舞鶴のドリームチェイサー。

宮武船長が清潔感のある大型船で、丁寧にポイントを案内してくれます。

今回は水深が120m前後と深いため、いつもならば電動ジギングの出番です。

しかし、今回はプロモーションも兼ねて、新作スピニングタックルで挑んできました。

筆者のタックル

・ロッド:ZL5113(ゼロドラゴン)
・リールがステラ8000番(シマノ)
・ライン:PE4号
・リーダー:フロロ14号。
・ジグ:ミミック280gの背腹グロー
・フロントは#4/0のダブルフック

釣り方

・ボトム着底後、ワンピッチ、コンビネーションジャークなどで誘う

さらに潮が速く、底が取れない状況に苦戦を強いられます。

宮武船長に大物がヒット!

すると、横で同じタックルを使用し、華麗なコンビネーションジャークをかましていた船長に、強烈なヒット!

スレ掛かりのような引きに、船長もドラグを締めたり緩めたり、慎重にやり取りを行います。

そして何と、浮上してきたのは、12kgもある丸々太った見事な寒ブリ!

軽量してみると、12kgオーバーだった

しかも、しっかり口にかかっています。

12kg超の寒ブリ

雄叫びを上げて喜ぶ船長に、一気にムードが盛り上がります。

しかし、またここからしばらく沈黙が続きます。

同船者にハマチやマダイが掛かるエリアに差し掛かり、明らかに先ほどとは生命感が違うと感じました。

当日はハマチも釣れた

すると、3投目のワンピッチ中に、違和感を感じた次の瞬間、グッというアタリとともにロッドが絞り込まれます。

貴重な1尾を獲るため、慎重に上げて無事ネットイン!

何と何と、狙い通りの寒ブリゲット!

この日船中2尾のブリは、同じタックルで仕留められ、狙い通りの釣行となりました。

筆者(左)と宮武船長(右)

この時期の寒ブリは脂ノリノリ!

みなさんもぜひ、美味しい寒ブリを釣り上げてくださいね。

釣行の様子はこちらの動画をチェック
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!