【尋常じゃない刺さりと強さの針】がまかつの「G-HARD V2 貫チヌ」が、チヌ攻略の新たな武器となる予感!

釣りはさまざまなアイテムがありますが、魚に1番近いアイテムと言えば「」ですよね。

針はシンプルに見えて、とても複雑。

何故かと言うと、刺さりや強さなど、シビアな性能が折り重なってできた繊細なアイテムだからです。

魚が掛からない、すぐに伸びるじゃ話になりませんもんね。

そんな釣り針に革命を起こしたのが、がまかつの究極の素材「G-HARD V2」。

G-HARD V2とは?

大まかに言うと…

■針先の鋭さが従来材と比較して5倍以上長持ち
■針の強さの指標となる「フトコロ強度」が従来材と比較して最大40%アップ
■針の形状維持能力が高いため、針先に負荷が掛かった際の変形が少なく、 設計通りの鋭い刺さり込みを発揮し、さらに針の伸びも抑える

出典:がまかつ

G-HARD V2公式ページはこちら

まあとにかく凄い針なんです。

1991年に誕生した、初代G-HARD誕生から30年をかけて辿り着いた、究極と言える素材。

そのG-HARD V2を採用してできた、チヌ専用の針が今回新たに登場する「G-HARD V2 貫チヌ」。

G-HARD V2 貫チヌ

違和感を与えない、食い込み抜群の針

出典:がまかつ

商品公式ページはこちら

がまかつフィールドテスター沖永吉広氏監修

G杯優勝経験がある、沖永氏が好む釣りは小針を使用した釣り。

そこで、今回の「G-HARD V2 貫チヌ」は細軸軽量設計を採用しています。

これによって、食いのよさはもちろん、貫通力ともに抜群です。

また、気になるのが、細軸だと弱くならないかということ。

これは、前述しているG-HARD V2がしっかりカバーしてくれているので安心です。

また、沖永氏の希望で、今回0.8号の小針も作られました。

小針好きからしたら、めっちゃ嬉しいラインナップ。

サシエをよりナチュラルに漂わせたい時には効果アリです。

針は2種からラインナップ

針は1色ではなく、無光沢で目立ちにくいF-NSBと、エサに馴染みやすいファインピンクの2色の薄膜コーティングが作られました。

状況に合わせて使えるように、どちらも持っておきたいですよね。

F-NSB

号数 入数 希望本体価格(円)
0.8 12本 450
1 12本 450
2 11本 450
3 11本 450
4 10本 450

 

ファインピンク

号数 入数 希望本体価格(円)
0.8 12本 450
1 12本 450
2 11本 450
3 11本 450
4 10本 450

まだ、G-HARD V2を使用した針を使ったことがない方はこの機会にぜひ。

使ってみたらもう手放せなくなってしまうかも。

関連動画もチェック

出典:YouTube「gamakatsumovie」

がまかつ

高品質の代名詞として釣り人に愛されるブランド。1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!