【テンヤタチウオの基本!】初心者にオススメの釣り方を3パターンに分けてご紹介

テンヤタチウオもシーズン終盤。

今シーズンの皆様の釣果はいかがだったでしょうか。

よい釣果が続く期間は長かったですが太く、短くと言った感じで、終盤の今は小潮周り以外はかなり厳しい釣果が続いていますね。

残り少ない今シーズンと来シーズンに向けて、釣り方のキホンを改めておさらいしておきましょう。

基本はテンヤタチウオは船長の指示ダナの範囲を誘って掛けていく釣りです。

なのでまずはタナ取りをすることが肝心。

その次に大切なのが誘い。

今回はその基本の誘い方3パターンを紹介します。

①ストップ&ゴー

まずはストップ&ゴー。リールを1~2回転させ、ステイして待つという釣り方。

この釣り方のポイントは、リールを巻く幅とステイの時間。

この2つを調整することで、アタリをだしていくことがストップ&ゴーのキモです。

また、リールで巻くパターンと竿で動かすパターンの2パターンに分かれます。

②タダ巻き

タダ巻きは読んで字のごとく、ただ巻くだけ。

電動リールでスピードを調整して巻く、手巻きリールで巻くの2パターンに分かれます。

スローから早巻きまでいろいろな速さで巻くのがキモですが、この時に大切なのがアタリが出る速度ではなく食い込む速度で巻くこと

アタリがでているとその速度で巻き続けてしまいがちですが、食い込まないとエサだけがやられてしまうので食い込む速度で巻くことが大切ですね。

③ジャーク&ステイ

ジャーク&ステイは高活性の時にオススメ。

竿でシャクって、止めるがこの誘いの基本。

テンヤが跳ねて高活性でエサに興味を示しやすいタチウオがアタってきます。

硬めの竿でしっかりテンヤを動かす人、軟らかい竿で、少し抑え気味にテンヤを動かす人など様々です。

今紹介したのはあくまで、基本の誘いです。電動巻きとジャークを組み合わせたりする人などパターンはたくさんあります。

まずはこの3つの誘いを中心に釣りを組み立てて、テンヤタチウオで竿頭を目指してみて下さい。

タチウオ釣りの基本などを解説した動画が公開になっているのでチェックしてみて下さいね!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!