【本体価格アンダー2万円】本当に欲しかったレインジャケットはコレ!シマノの「レインギアジャケット01」

雨の日の釣りって、どうしても憂鬱ですよね…。

なぜかと言うと、雨に濡れるから。そのままです。

でも、快適なレインウエアがあれば、このストレスから少しは解放される!

…そんなこと百も承知なんですが、高性能で快適なレインウエアというものは、少しお値段が張ったりするものです。

それでもいろいろと試してみて、さまざまな雨対策をしてきた記者。しかし、なんだかしっくりこない…と思っていた矢先、ビビっときたレインウエアがあったので、ぜひ、同じ悩みを持つみなさんに、ご紹介したい!

釣り人のためのレインジャケット、商品名もストレートで分かりやすいシマノの「レインギアジャケット01 RA-01JU」です。

レインギアジャケット01 RA-01JU

こんなど直球な製品名がかつてあったでしょうか。

それにも心を揺さぶられました。

まず、一番ビビっときたのが、価格です。本体価格は19000円(2XL~は19800円)。

 

このアイテム、現在公開中の「SHIMANOオンラインフィッシングショー2021」で発見したのですが、トップページの目立つ場所に、「ツインパワーSW」や「アンタレスDC」、「ポイズングロリアス」と並んで表示されています。

「SHIMANOオンラインフィッシングショー2021」はこちら

ハイエンドモデル的な感じかな…と製品ページを見てみると、19000円!

これはよほどの自信作と見ました。

薄くて軽くて動きやすい&コンパクトに持ち運べる
素材はシマノ独自のオリジナル素材の「デュラスト」と言う、ストレッチ性のあるもので、もちろん釣りに必要な防水、透湿、撥水性能を兼ね備えます。
基本性能は確実に抑えています。

記事が薄くて軽いので、とにかく動きやすいのも特長。釣りの動作を妨げません。

同社のDSエクスプローラーレインジャケットと比べると30%軽量、伸縮率は120%になっていますよ。

なので、レインウエアにありがちな生地の伸縮性が少なく、動きづらいといったことが少ないんです。

折りたたむとこのようにコンパクトになるので、持ち運びも便利。タックルボックスやバッグに入れておけますね。

フード、止水ファスナーなど、気になるパーツも嬉しい仕様に!
視界が悪くなったり、水が溜まってしまったりと、フードってレインウエアの中でも快適度が左右される重要なパーツ。
この「レインギアジャケット01」のフードは釣りに特化してデザインされたフードなので、確実にストレスも軽減!
キャップを被った状態でもフードがズレにくいこだわりの形状になっています。
海釣りアングラーあるあるだと思いますが、ファスナーの潮噛み。
ちょっとイラっとするこの事態も、この「レインギアジャケット01」は解決。
太番手の止水ビスロンファスナーを使用しているので、ファスナー自体が撥水してくれるので、スムーズにファスナーが動き、ウエア内に水が侵入するのを防いでくれますよ。
極めてシンプルなデザイン

モデル:身長 178cm 体重 67kg 着用サイズ:L カラー:ダスクブルー

単色でシンプル。主張しすぎない控えめなロゴ。カラーラインナップは選べる6色。

サイズは、XS、S、M、L、XL、2XL、3XL、4XL(サイズによりカラーは異なります)。

本体価格は19000円(2XL、3Xl、4XLは19800円)。

 

発売は2021年3月予定。

気になる人はチェックして下さいね!

シマノ公式「レインギアジャケット01 RA-01JU」詳細ページはこちら

動画もぜひ!

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!