【強烈な濁りでチヌの警戒心を解く】チヌ釣りの万能な配合エサが登場

グングンと強い引きが魅力的なクロダイ(チヌ)。

堤防や磯、船を始めサーフ(砂浜)、河口などの汽水域を含めさまざまなエリアで楽しめる人気のターゲットです。

チヌは濁りを好むことが多いので、チヌの配合用のエサって濁りが強いものが多いです。

今年3月にマルキユーから発売の「チヌパワー激濁り」は濁りに特化したエサで、広範囲に濁りを広げてくれる使いやすい配合エサです。

着水から濁りが入るので着水点が見やすい。

着水と同時に濁りが広がるので、仕かけの投入点が見やすく、ポイント作りがしやすくなっています。

水中ではこのようにバラケます

また、中層、下層と比重の違う濁りが広がるので、魚の警戒心を解きやすく、下層では魚の群れをキープする効果が見込めます。

単体で使うなら、オキアミ1.5kg+チヌパワー激濁り+海水900cc

単体で使う場合はオキアミとチヌパワー激濁りに海水900ccをまぜるのがオススメです。

濁りをより拡散したい場合は海水を300cc追加するのがオススメですよ。

オススメブレンドは3パターン

磯でのオススメパターン

オススメ配合パターンは磯、波止、渚で分かれています。

磯はチヌパワームギスペシャルとオキアミに海水2.4Lとまぜ合わせるのがオススメパターン。

堤防でのオススメパターン

堤防ではオキアミ3kg+活きさなぎミンチ激荒1+チヌパワー激濁り1+ナンバー湾チヌⅡ1+海水1300cc

磯に比べると全体が固めに仕上がってるイメージですね。

渚(サーフ)のパターン

サーフの場合はオキアミ3kg+チヌパワー激濁り+BチヌⅡ+海水2000cc

少し粘り気が強い感じですね。

ブレンドパターンはあくまで目安に

今回紹介したブレンドパターンはマルキユーの公式サイトから紹介したものですが、あくまで目安なので釣行日の状況や、地域に合わせて使い分けてみて下さいね。

詳細はマルキユーの公式サイトで
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!