エリア初のヤリイカ狙いで出船開始!! 手付かずのポイントだらけで、今が旬の美味しいイカがザックザク【釣り方&仕かけ】も公開

山陰のイカ処として有名な鳥取エリア。

例年、GW明けから釣れ出す胴長40cmオーバーの「大剣」と呼ばれる大型のケンサキイカをはじめ、小中型を交えた数釣りも期待できるので、イカファンならそのポテンシャルの凄さは聞いたことがあると思います。

ですが、年が明けてから水温む春までの期間は、今までイカの釣果を聞いたことがない人が多いと思います。

そう、それが当たり前なんです。今まで遊漁としては鳥取エリアのメインの港の1つ、鳥取港(賀露港)からは出船していない状態だったので。

それが、今年からは旬のヤリイカを狙って出船する船が現れました。

昨年6月に、遊漁船として開業した賀露港の怜生丸。この船の小林船長は現役バリバリのイカ釣り漁師で、例年なら冬場はタルイカや深場でヤリイカ漁をしていましたが、若狭湾エリアでヤリイカ狙いが盛んに行われていることに注目して、鳥取エリアでもできないかと今期から始めちゃいました。

その結果がコレ!!

ご覧の通り、釣れまくりです!!

そう、誰も狙っていないサラ場なので、群れが入ってくれば当たり前のことなんですが“独り占め”。

海況が悪い日は別ですが、基本的に凪で出船した日には高確率で爆っています!!

しかも、この鳥取沖のヤリイカ、職漁で狙っていた時は水深100m前後の深場で操業していたそうですが、遊漁、特に近年人気のイカメタルやオモリグで狙うにはかなり深めの水深。ヤリイカのタナが底主体なので、それらの釣りで狙うには結構しんどいです。

それが、今年から試し釣りも含めて開拓したエリアは水深30m前後の浅場。イカメタルやオモリグでも手軽に狙えるので、超魅力的です。

船長によると、夜にイカメタルやオモリグを意識して初めて出船したのは2月5日。

この時は釣り人2人でしたが、両者ともにヤリイカ50パイオーバーで船中2人で3ケタ釣果の大釣り!!

この釣果が流れると、イカファンの釣り魂に火が点き!? 凪の日には各地から釣り人が集結。2月11日に4人でトップ112ハイ、2番竿109ハイ、以下80パイ、68パイと少ない人でも60パイオーバーの爆乗り。

以降も12日よい人80パイで船中約470パイ、13日よい人70パイで船中305ハイと釣れ盛っています。

シケ前に出た14日は海況芳しくなく、よい人で20パイ強だったそうですが、この釣れっぷり、凄すぎますよね!?

鳥取エリアのヤリイカの狙い方

仕かけ

船長に聞いたヤリイカの狙い方ですが、オモリグとイカメタルの併用です。

その仕かけの使い分け手順は以下の通りで、

①エサ巻きスッテを付けたオモリグで釣り開始。

②ヤリイカの活性を見て、釣り開始時でタナが底の時や活性が低い時はオモリグのまま。

③活性が上がってきたり、タナが浮いてくればイカメタルへチェンジ。

という具合です。

要は、アタリが遠い時はエサ巻きスッテを使用したオモリグでじっくり狙い、ラッシュに入るとイカメタルで連掛けを狙うという感じです。

エサ巻きスッテに使うエサは、ササミ、キビナゴを使う人が多いそうですが、船長は「エサ持ちがよいので、断然ササミ」と言います。

また、ドロッパーは鳥取方面ではプラヅノやハイブリッドスッテなどを扱っている釣具店が少ないようなので、メインはエサ巻きスッテとケンサキイカ用のエギなどがよく使われているそうですが、船長は「細身のものがよい傾向で、現時点ではウチで使う人が多いからか、デュエルイージースリムに乗っているシーンを見かけることが多い」とのこと。

ハイブリッドやプラヅノも、まだ使用頻度が少ないだけで、使えばよく釣れそうです。

釣り方

基本的なタナは底です。

鳥取沖では現在、30m前後の魚礁周りに船を掛けたカカリ釣りで狙っています。狙うタナは、底をメインに10m上までが基準。今のポイントでは水深20mラインまでです。底でアタリがなければ、1、2m刻みで上げていき、再び底からの繰り返しで狙います。

アクションは、エサ巻きスッテにオモリグの時は“大きく誘ってからのロングステイ”。

「ロングステイはどれぐらいが目安?」と船長に聞いたところ、「イカが乗るまで!!」と返ってきました(笑)。

ま、それは半分冗談ですが、エサ巻きスッテの場合の基本は、時おり大きく誘って、後はじっくり待つのがよいそうです。

イカメタルの場合は、活性が上がってからチェンジするので、基本的には「タナへ仕かけを落とせば乗ってくる!?」そうで、今のところコレといった誘いはないそうです。

狙い始めてからの傾向は、始めの2、3時間は釣れるのか!?と不安になるぐらいの単発だそうで、集魚灯が効いてくると徐々にペースアップし、ラストはタナも浮いて入れ乗り状態になるのが“爆”の日のパターンとか。

怜生丸のヤリイカ狙いは現在、17時出船で23時沖上がり(乗り合い1人12000円、氷付き)ですが、後半に一気に釣果が伸びるということが多いので、現時点では深夜までの残業が基本になっているとか(笑)。釣行時は帰りの時間に余裕を持ってお出かけください。

気になるシーズンですが、今までこのエリアで誰も出船しておらず、何もかもが初めての取り組みなのでいつまで狙えるかは分からないとのことですが、産卵が終わる頃までは狙えるのではとのこと。

現在は胴長30cm級のオスイカ主体に、小型のメスイカがまじっている状態で、日によりその比率は変わっているそうで、若狭湾と同じようなシーズナルパターンになりそうな気配。だとすると、3月いっぱいぐらいは狙えるかもです。

新規開拓をしてただ今、パラダイス状態の鳥取エリアのヤリイカ。期待度は満点ですが、釣行するなら釣れているうちに速攻あるのみですよ!!

怜生丸の詳しい情報を見る

 

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!