最強のイシダイ振出竿!最新作「がま石ZⅡ」はココが変わった

磯釣りの憧れのターゲット「イシダイ」。

イシダイは底物釣りのひとつで、大型クラスのオスは銀ワサやクチグロと言い、中々釣ることができない「幻の魚」として釣り人から扱われることも。

そんなイシダイ釣りは、シーズンともなれば足繁く通う人が後を絶ちません。

今回は、磯竿にとても定評があるがまかつから、2021年春頃にイシダイ竿が登場するとのこと。

これは、イシダイ釣り師にとっては気にならない人はいないはず!

がま石 Z2

新しく登場するロッドの名は「がま石 Z2」。

このロッド、従来のイシダイ竿とは一味も二味も違います。

その違いを皆さんにお伝え致します。

がま石 Z2の商品公式サイトはこちら

振り出し4本継で細身&軽量化を実現

「一体どんなところが違うんだ?」と思いますよね。

そこで、従来のロッドとは大きく違う点を紹介していきます。

振り出し仕様になっていること

まず、一般的なイシダイロッドに多いのは並継。

イシダイ釣りをされている方だとご存じの方が多いかと思います。

今回のアイテムの前のがま石 Z1の時にも振り出しロッドとして人気を博しましたが、 がま石 Z2も振り出し仕様になっています。

振り出しにすることの最大のメリットが収納がラクということと、何と言っても仕かけセッティングがとても早くできるということです。

5本から4本になり、細身&軽量化

皆さまに、お伝えしたい最大の特徴がブランクスの総本数が5本から4本になったこと。

4本になり、より細身で軽量化することが可能になりました。振出では物理的に本数が多ければ各ブランクスを収納する上で太くなってしまいます。

5m以上の振出イシダイ竿で4本というのは、あまり記憶にないような…。結構スゴい!

各ブランクスが長くなるわけで、それはつまり鮮やかな舞い込みと美しいロッドカーブが期待でき、大型イシダイとのやり取りにも負けないロッドになっています。

TORAYCA T1100G&ナノアロイ(nanoalloy)採用

もう皆さんご存じの方も多いと思われますが、世界最高クラスの引張強度を持つ東レの炭素素材「TORAYCA T1100G」。

この素材と、「ナノアロイ(こちらも東レ独自の技術)」と呼ばれる、従来材料と比べて飛躍的な特性向上を発現することができる革新的な細構造制御技術を取り入れています。

これをすると何がすごいって?

シンプルにより強く、そしてより高い弾性が得ることを可能にしています。

糸がらみを防止するための徹底したガイド作り

イシダイ釣りは仕かけが重く、磯場でのハードな釣りが予想されます。

ライントラブルがあると、釣り辛くトラブルの原因となります。

そこで、このロッドには糸がらみを防止するために、徹底的にこだわったガイドセッティングがされています。

遊動ガイドには糸ガラミ防止のK ガイドを使い、元竿固定ガイドにはLC ガイドを採用。

後述しますが、「手持ち」「くわせ」「遠投」がありますが、くわせと遠投はキャスティング時の糸ガラミを考慮した逆向き仕様になっています。

石突は大型で、堅くて強靭な黒檀を使用

ピトンなどを固定する石突は磯でもしっかりと固定できるように大型仕様。

素材は黒檀(こくたん)。とても 堅くて強靱なのが特長。

半永久的な耐久力と油脂感触の出る光沢があり、丈夫なだけでなく、見た目の高級感もあります。

ラインナップ

今回、こちらのロッドは3種類からラインナップ。

狙い方や、状況に合わせてそれぞれ作られていますので、ぜひ自分好みのロッドを選んでくださいね。

手持ち Mタイプ-5.0m

手持ちスタイルにオススメな手持ち Mタイプは磯際、近距離と相性が抜群。小さなアタリでも違和感を与えない、エサを食わせる能力はピカイチです。

タイプ 標準全長(m) 希望本体価格(円) 標準自重(g) 仕舞寸法(cm) 錘負荷(号)
手持ちM 5.0 110,000 615 150.0 15~35
くわせ MHタイプ-5.2m

食いのよさがいい、中近距離をターゲットとした、くわせ MHタイプは置き竿スタイルに最適。警戒心の強い底物にも違和感を与えずに、エサを食わせることができる魅力的な1本です。

タイプ 標準全長(m) 希望本体価格(円) 標準自重(g) 仕舞寸法(cm) 錘負荷(号)
くわせMH 5.2 115,000 623 155.0 15~35
遠投 Hタイプ-5.4m

しっかりと遠投することができる、遠投 Hタイプは中遠距離を攻めるのにピッタリ。ロッドがムチのようにしなることで、体に負担をかけずに飛ばすことができます。

タイプ 標準全長(m) 希望本体価格(円) 標準自重(g) 仕舞寸法(cm) 錘負荷(号)
遠投H 5.4 120,000 660 162.0 20~40
ロッドのポジショニングマップはこちら

従来のイシダイロッドから革新的な進化を遂げた「がま石 Z2」は前回のがま石 Z1からも大幅な進化を遂げて登場します。

がま石のファンならずとも、このロッドはチェックしておきたいところ。

持った瞬間に今までと違う感触、その軽さに感動するはずです。

がまかつ

高品質の代名詞として釣り人に愛されるブランド。1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!