ゼロテンション釣法でヒラマサ入れ食い!! 【落とし込み釣り 実釣編】

連載:西村豪太FishingGO!GO!

西村 豪太(にしむら ごうた) プロフィール

幼少期から釣りを始め、カワハギ、タチウオ、イカ、タコ、アユetc…オールジャンルの釣りに精通するマルチアングラー。ダイワカワハギオープン2011準優勝、2016全国大会出場、KAWAHAGI FESTA2016 KANSAI PRIDE FINAL優勝、大阪湾タチウオKINGバトル2016 4位入賞。ダイワスタッフ

こんにちは、西村豪太です。

今回は前回の連載でお伝えした、落とし込みのエサ付けテクニック編に続いて、落とし込み実釣編をお届けしようと思います。

実釣編のフィールドに選んだ場所は、九州エリアを代表する落とし込みフィールドである福岡県神湊(宗像)です。全国屈指の落とし込みフィールドで、大型ヒラマサや高級根魚を狙うことができる夢のあるフィールドです。

お世話になった船宿は第二宮一丸。もちろんヒラマサをメインターゲットにした釣行となりました。

前回の連載では、ベイト付けで苦労する際に対応できるエサ付けテクニックを紹介させていただきました。

もちろん今回の実釣編では、そのテクニックを実践・紹介しようと考えていたのですが、結論から言うと「めちゃくちゃエサ付きがいい日」に当たってしまいました(笑)。

上から下までウルメイワシや小サバがウジャウジャ、水面でもベイトが跳ねているような状況です。エサ付けテクニックなんて不要、落とすだけで好きなだけベイトが付く状況に、うれしくも苦笑いの釣行となりました。

ゼロテンション釣法が炸裂!!

さて、釣行したのはベストシーズンの11月初旬、宗像港を6時に出船しました。ポイントまでは約1時間、水深60~80mで、魚礁周りのポイントです。

先述の通り、当日はいくらでもエサが付く状況で、仕かけは16号でスタートしました。

前半戦はエサは付くものの、なかなか本命が食ってこない状況が続きました。アタリがあっても食いが浅く、周りのアングラーもバレが続く状況です。

そこで私が実践した対応策は「ゼロテンション釣法」です。

ベイトを付けて仕かけを下ろし着底後、オモリを持ち上げずに仕かけを張らず緩めずの操作で本命を狙う釣法です。

仕かけが波の上下で暴れないため食い込みがよく、ベイトも外れにくいためアタリが増える一方、ファイト中に根に巻かれるリスクや根掛かりが増えるリスクもあるため、集中力が求められる釣法です。

釣り開始後、私には本命がアタらないまま、数回流し替えを行いました。そこでゼロテンション釣法でアタリを待っていると、狙い通りベイトが暴れ始めます。

そのまま前アタリ、食い込みアタリと続き、穂先が舞い込んだ瞬間にしっかりとJOGパワーレバーで巻きアワセを入れて、ファイトスタート!

随分突っ込む魚だな、と思って巻き上げてくると、うれしいゲスト、70cmほどのカンパチでした。

続けて投入すると、すぐにアタリがあり上がってきたのは、本命のヒラマサです。こちらも75cmほどと、それほど大きくはありませんが、ヒラマサらしいスピード感と暴力的な引きを堪能することができました。

周囲でも同サイズのヒラマサがボツボツとヒット。自身も同サイズを数尾追釣したタイミングで、30分ほどポイント移動となりました。

ヒラマサ入れ食いの幕明け!!

そして、ここからが凄かった!「これぞ本場」と言える入れ食いが幕を開けたのです。

特大のヒラマサこそ出ないものの、ほぼ毎投入ヒラマサが掛かってきます。

ほかにも大型のマダイやアコウ、ヒラメなどの高級魚が乱舞。

それまで使用していた16号から18号の仕かけにワンランクパワーアップして、大物に備えます。すると、狙い通りに大物がヒット。これまで以上の重量感がロッドを襲います。

ノサれないように、マッドバイパーを満月に曲げてファイトに集中。太めの仕かけとシーボーグの力を信じて、グイグイ巻き上げました。

無事にネットインしたヒラマサは、それまでよりひと回わり大きいサイズ、85cm(5.5kg)。

期待した超大型ではありませんが、納得サイズの登場に笑みがこぼれました!

その後も定刻の沖上がりまで入れ食いは続き、同サイズ2尾を含め10尾以上のヒラマサに出合うことができました(エサ付けテクニックは不要だったため、ロケとしてはイマイチでしたが…笑)。

落とし込みの本場、九州では好シーズンにはヒラマサが数、型ともに狙えます。ぜひ、皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メーターオーバーの超大型ヒラマサに出合うことができるかもしれませんよ!

~筆者の使用タックル~

ロッド : マッドバイパー落とし込み MHH-243SMT
リール : シーボーグ500JP
道糸  : UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 5号
仕かけ : ハリス16~18号 (オモリ100号)

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!