フッコとスズキの境目ってどこから?成長で名前が変わる出世魚の境界線を紹介!

ボラやスズキなど成長の速度に合わせて名前が変化する出世魚。

フッコやセイゴ、スズキが同一の魚だということは知っていても、意外と呼び名が変わる境界線はあいまいだったりもします。

ほかには青物でいえば、関東と関西でそれぞれ呼び名が異なるなど、実は知らない呼び方があったりもします。

今回は明日から使えるちょっとした小ネタ、出世魚と呼び名について紹介していきます。

身近な出世魚

釣りをしていて身近な出世魚は意外と多数います。

有名なところではスズキやボラ。

ほかにはクロダイやイワシ、サワラなどが挙げられ、青物系でいえばカンパチやブリも出世魚となります。

えっ、自分が釣ったサイズはスズキではなくフッコだった?

シーバスの愛称でも知られるスズキ。

これからの時期では東京湾シーバスが盛り上がるタイミングの人気魚種です。

さて、そんなスズキですが、約25cm以下はセイゴ、30~60cm前後ではフッコ(関西ではハネとも呼ばれています)、60cm以上でスズキと呼ばれています。

サイズに関しては諸説あるようですが、おおよそ上記のように定義されるようです。

筆者も過去に50cm前後のフッコを釣ったのですが、どや顔でスズキと話していました…。

ことわざの由来にもなっているボラ

釣り人からはあまり歓迎されない魚、ボラ。

臭味が強く、食べにくいと思われがちなボラですが、秋から冬にかけて獲れるボラは「寒ボラ」と呼ばれ脂も乗って非常においしいことでも知られています。

さてそんなボラですが、実は細かく分類されています。

出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

シーバスのベイトなどでもよく聞く「ハク」は2~3cmを指し、3~18cmの個体は「オボコ」、18~30cmの個体は「イナ」(一部ではスバシリとも呼ばれている)、30cm以上を「ボラ」、50cm以上となると「トド」と呼ばれます。

ちなみに、最終的に~的な意味でつかわれる言葉「とどのつまり」のトドは、このボラの出世した姿のことを指しています。

ほかにも「青二才」の語源もボラが関連していたりと、意外と私たちの身近なところで関係していたりします。

カイズとチヌの違いって地方によるものだった!クロダイの呼び名について

出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

フカセ釣りからヘチ釣りなど人気魚種のクロダイ。

最近ではチニングなどの釣り方も広まり、チヌの名でも広く知られています。

よく関東のほうでは「カイズ」と呼ばれることもあり、チヌとカイズって何が違うのか?疑問に感じた方もいるのではないでしょうか?

10cm以下の個体は関東・関西共通で「チン」と呼ばれ、10~20cmサイズを関東では10~20cmを「チンチン」、関西では「ババタレ」、20~30cmを関東では「カイズ(ケイズ)」、関西では「チヌ」、30cm以上でクロダイ(オオスケ)と呼ぶとのこと。

大阪湾・東京湾でも人気の魚種「サワラ」

出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

近年では東京湾・大阪湾などでキャスティングゲームのターゲットとして人気が高い「サワラ」。

40~50cmサイズをサゴシ(サゴチ)、50~60cmを ナギ、60cm以上をサワラと呼ぶとのこと。

サワラ・サゴシはよく聞く名前ですが、ナギと呼ばれるのは知りませんでした…。

実は出世魚のマイワシ

サビキ釣りなどでよく釣れるマイワシ。

マイナーながら実は出世魚。

稚魚のシラスから2~5cm程度でカエリ、約10cmでコバ、約15cmでチュウバ、約20cmでオオバ、30cm以上でイワシとなるとのこと。

ここまで細かく分類する意味を考えてしまいますが、意外な出世魚です。

諸説ありの出世魚「コノシロ」

お寿司の通が好むことでも知られるコハダ。

実はコハダはコノシロの出世前の呼び名です。

しかし、コノシロを出世魚と定義するかは諸説あるとのこと。

10㎝以下をジャコ・シンコ、15cm前後をコハダ、30cm以上をコノシロと呼ぶそうです。

サイズにも諸説あり、15~20cm前後をナカズミと呼ぶこともあります。

ワカシ?モジャコ?イナダ?論争に終止符!ブリの呼び名

関東と関西、紀州でもそれぞれ呼び名が異なるブリの名前。

ワカスなのかワカナなのか、はてまたツバス呼び名論争が起こりがち。

【関東周辺】:ワカシ・ワカナゴ・ワカゴ(15~25cm前後) → イナダ(約40cm) → ワラサ(約60cm) → ブリ(90cm以上)

【関西】:モジャコ(約5cm前後) → ワカナ(約10cm前後) → ツバス(約15cm) → ハマチ(約40cm) → メジロ(約60cm) → ブリ(60cm以上)

【紀州近海】:ワカナ → ツバス → イナダ → ハマチ → ブリ(特に定義された大きさはないようです)

全国でもハマチやイナダの名はよく聞くので、余計に混乱してしまいそうですね。

釣れたらうれしい高級魚!カンパチ

出典:ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

ブリほどややこしくないものの、カンパチも呼び名が混在しやすい出世魚です。

【関東】:モジャコ(稚魚)→ショッコ(35cm以下)→シオゴ(約35~60cm)→アカハナ(約60~80cm)→カンパチ(80cm以上)

【関西】:モジャコ→シオ(60cm以下)→カンパチ(60cm以上)

ほかにも若魚全般をショゴと読んだりすることも多く、地方名と混在しているところもあるようです。

いかがでしたか?

身近な魚でもいろいろ成長によって呼び名が変わります。

知っているとちょっと役立つ”出世魚”の呼び名まとめでした!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!