【エギが大きく動いてハイアピール】タコエギシンカーの新定番を発見

全国的に高い人気を誇る船のタコ釣り。

関西では、4月~8月頃に兵庫県・明石で連日満船になるほど高い人気を見せます。

50号などの重いオモリに3号や3.5号のタコエギと呼ばれる仕掛けをセットして釣る釣り方が一般的です。

シンカーも各社からさまざまでていますが、宇崎日新の「NISSIN タコエギシンカー」はシンカー形状が根掛かりもしにくく、タコエギが大きく動いてハイアピールなのでオススメのシンカーです。

スリム形状なシンカーで根掛かりしにくい

シンカーの形状は、ホゴオモリなどに似たスリムな形状。

なので、根掛かりしにくくなっています。

広範囲にアピール可能

エギが底から浮きやすい形状になっているので、ふわふわと広範囲に誘いを掛けることができるので、ハイアピールになっています。

また、宙にタコエギが浮くことで、タコがエギを抑えた時に穂先にでるアタリが分かりやすく、初心者にもオススメしやすいアイテムになっています。

カラーは2種類、グロー系なのでハイアピール

カラーはピンクゼブラとグローの2種類。どちらもグロー系になっているのでタコに対してハイアピールで高活性時などにはかなり強くなっています。

タコは色の濃淡を感知することができるので、オモリでアピールすることも大切ですよ!

好評発売中

既に発売済みで、50号のワンサイズ。今後ハイシーズンを迎える船のタコ釣り!

ぜひ手にしてみて下さいね!

詳細は宇崎日新の公式サイトで

NISSINタコエギシンカー

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!