【コスパ抜群!!】10000円台で納得の実釣性能のイカメタルロッドを紹介!

今年は早くも爆釣の便りも届き始めた日本海のイカメタル。今シーズンこそ始めるぞ!と思っている人も多いんじゃないでしょうか?

イカメタルのロッドは人気が高まるにつれて、各社からさまざまなロッドが出ており、群雄割拠状態。

初心者はまずはエントリークラスから始めたい人も多いですよね。

そんな人に向けて実売10000円台で使いやすいゴクスぺのオススメロッドを紹介します。

乗せ、掛けに適した2モデルとオモリグ用の3モデルがラインナップされていますよ~。

イカメタル用は2モデル

乗せ調子、掛け調子の2モデル

イカメタル用のモデルは掛け調子と乗せ調子の2つに分かれます。

掛け調子は5.9ftのショートロッド、乗せ調子はやや長めの6.8ftになっています。

最大の特徴は軽さで、ブランクスやガイド設定をこだわることで108g、116gと軽い仕上がりになっています。

ロッド全体が軽いことで操作性がよく、また細身のブランクスに高反発の素材を使用することで、柔軟性も確保し、掛けた後の身切れやバラシを軽減しています。

リールシートにはパーミング性の高いトリガータイプのシートを採用しているので握りやすく、しっかりやり取りすることができます。

小さなアタリを掛けたいアナタには5.9ftの掛け調子が、イカをしっかり乗せたいアナタには6.8ftの乗せ調子がオススメです。

メーカー希望価格は15,480円になっています。

オモリグなのにショートロッド

オモリグモデルの最大の特徴はそのレングス。オモリグロッドは7ft前後のロッドが多いのに対して、6ft3inとショートロッドに仕上がっています。

ロッドが短いことによる最大のメリットは取り回しがいいこと。釣座に影響されることなく、船首でもトモでもキャストがしやすいので、長いロッドの扱いに慣れていない、初心者にもオススメできます。

オモリグモデルはスピニングになっていますので、両軸リールしか持っていない人は要注意。

またショートロッドですが、パワーは十分にあり、オモリは10から最大45号まで使うことができるのでこれ1本でイカメタル、オモリグ両方をこなすことも可能。

ショートロッドらしく、アクションやフッキングも決まりやすいのでかなりよさそうです。

コチラもメーカー希望価格は15,480円。

7月発売予定

発売予定はどちらも7月頃になっています。

コスパ抜群なロッドで、今年はイカメタルにチャレンジしてみてはいかがですか?

ピュアテック公式「ゴクエボリューションイカメタル」の詳細ページはコチラ

ピュアテック公式「ゴクエボリューションオモリグ」の詳細ページはコチラ

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!