【小型を掛けず、大型だけを狙って獲る】シマノタチウオ三銃士・吉田昇平の戦略

タチウオ特集

大阪湾タチウオキングバトル2018年優勝・6代目タチウオキングの吉田昇平さん。

シマノフィールドテスターで、タチウオ三銃士の1人。愛称はヨッシー。

端正なルックスでフレンドリーな性格。タチウオ以外にも、四季折々のあらゆる旬の釣りを楽しむアングラー。

吉田 昇平(Shohei Yoshida) プロフィール

キャスティング、即掛けを得意とする大阪湾タチウオKINGバトル2018の優勝者。2017年にもセミファイナルトップ通過の実績も持つ凄腕アングラーでシマノフィールドテスター。愛称はヨッシー

吉田さんを知っている人なら、即掛けスタイルをイメージすると思いますが、それは数を狙う場合のお話。

小さいサイズのタチウオではなく、大型を釣りたい。

そんな時、吉田さんが実践するのは、スピーディな展開とは真逆の、スローなアプローチです。

 

「大型は、スローもしくは早い誘いに反応するんです」と吉田さん。

 

リアクション要素の強いスピーディな誘いは、得てして小型が先に反応してしまうのですが、緩急を付けることは大切。スローな展開を中心に、反応がなければ早巻きを織りまぜるなど、メリハリのある誘いが必要、と話します。

しかし、主軸を置くのは、スローな展開。

ソフトに誘い上げて、アタリを待つ。

小さな初期アタリは小型と想定して、掛けずにどんどんと誘い上げていき、小型から大型に変わるまで待つ。

この「大型のアタリの見極め」は難しいところですが、アタリの出方で判断します。

穂先が小さく上下するアタリではなく、ガツーンとくるような大きなアタリ。

突然テンションが抜けて、リールを巻いても巻いても追いつかないような、食い上げのアタリ。

 

これらのアタリは大型であることが多く、このようなアタリが出るまで誘い上げる。

ある程度上まで誘い上げてきたら、またテンヤを落として誘い上げる、これの繰り返しです。

単純なように思えますが、これを続けるのは至難の業。

それは、どうしてもアタリがほしくなるので、細かいジャークを入れたくなったり、アタリが出たらつい掛けてしまったりするから。

そこをぐっと耐えて、スローに誘い続ける。これが重要です。

 

幅指3本以下の小型が多い状況の神戸沖で、吉田さんはこのパターンを貫き通し、アベレージサイズ以上の良型をゲット。

そして、ラストには見事、幅指5本以上の大型をキャッチに成功!

■吉田さん使用タックル

ロッド:サーベルマスターXRテンヤ 91 H170/RIGHT、73 MH185/RIGHT

リール:フォースマスター600DH

ライン:ピットブル8・2号

テンヤ:サーベルマスター船テンヤβ40号(スーパー夜光、紫ゼブラ夜光など)

 

タチウオテンヤは数釣りも楽しいですが、重量感たっぷりの引きで、1尾の価値を上げてくれる大型狙いも、非常に面白いです。

ぜひ、吉田さんのパターンを参考に、大型タチウオを狙い撃ってみてはいかがでしょうか。

 

こちらの動画もぜひご覧ください。

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!