ハタ系やマダイに合うトマトソースを使った「オオモンハタのオーブン焼き」を紹介!

寄稿:櫻井あこ

櫻井あこ(Ako Sakurai) プロフィール

オフショアからショアまで、あらゆるスタイルの釣りを楽しむ釣りガール。特に好きな釣りは、エギングやイカメタルゲームなどイカ系の釣り。また、釣魚料理が得意で、いろんなジャンル、お手軽系から本格派レシピまでこなす。旬の魚を使った魅力いっぱいのレシピを紹介する、週刊釣場速報「あこちゃんの釣魚メシ」連載中

ALOHA〜! つりそくガールの櫻井あこです。

今月は、オオモンハタを豪快に丸々1尾調理する、オーブン焼きを紹介します。

オオモンハタ以外にも、アカハタなどのハタ系はもちろんのこと、マダイやガシラなどもオススメ。

調理は、ほぼ鍋とオーブン任せで、簡単なのにとっても豪快で華やかな見た目になるので、これからのパーティーシーズンなどにもピッタリなひと皿ですよ!

ソースのお野菜も、お家にあるもので代用して、いろんなバリエーションが楽しめるので、いろんなお野菜やキノコで試してみるのも楽しいですね♪

また、ソースにウインナーかベーコンを細かく切って、少量入れるのがポイント。旨味がアップします。

余ったお魚の身は、ほぐしてソースと合わせ、派生メシにするのがオススメです。

トマトパスタにしたり、パンに乗せてチーズをかけてピザトーストにすると、美味しいですよー! ぜひお試しくださいね。

レシピ

材料&下準備

オオモンハタ 35cm程度1尾
粗塩 適量
ハーブソルト
オリーブオイル
パセリ
(トマトソース)
★ニンニク 2片
★タマネギ 1個
★ジャガイモ 1個
★シメジ 1/3株
★ハーブウインナー or ベーコン 少量
★コンソメ 1包
★ハーブソルト 適量
★塩 適量
★オリーブオイル 大さじ2

作り方

①オオモンハタのウロコ、エラ、内臓を取って洗い、水気をしっかり拭き取る。

②粗塩を振って30分ぐらい置き、出た水分を拭き取って、皮目に数カ所切り込みを入れ、焼け落ちないようにヒレに粗塩で化粧塩をする。

③オーブンシートを敷いた天板に乗せて、ハーブソルトとオリーブオイルを回しかけ、オーブンへ。グリル、中段(両面焼き)で30~40分ほど焼く。途中、2回ぐらい開けて、オイルをスプーンで回しかける。

④焼いている間にトマトソースを作る。鍋にオリーブオイル大さじ2、みじん切りにしたニンニク、粗みじんに切ったタマネギ、1cm角に切ったジャガイモ、薄切りにしたハーブウインナー(細切りにしたベーコンでもOK)、3等分に切って小房にほぐしたシメジを入れて、中火で炒める。

半分ぐらいの嵩になったらトマト缶を加えて、コンソメ、ハーブソルトで味付けし、ハタが焼き上がるまで弱火でコトコト煮込み、最後に塩で味を整える。

⑤お皿にソースを広げて、焼き上がったオオモンハタを乗せて、刻んだパセリをパラパラッと散らしたら、でき上がり!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!