サビキでサバ入れ食い、アナゴ、ガシラ(カサゴ)が夜釣りで狙える好釣り場を紹介

寄稿:竹村勝則

竹村勝則 プロフィール

元釣場速報編集部のベテラン記者。堤防釣り、磯釣り、渓流釣りなどに造詣が深く、各地の堤防、磯、渓流などに積極的に繰り出している。ウキなども自作するこだわりの強い1面もある。

真夏の波止はあまりにも暑いので、釣果は二の次にして、夕涼みがてらの半夜釣りに行く。

釣り場は大阪南港のシーサイドコスモ。ここは冬から春は40~50cm級のチヌがフカセ釣りで釣れたので、よく通った所。

際にイ貝が付くようになると、フカセ釣りよりイ貝をエサにした落とし込み釣りで、よく釣れるようになる。

夕方から釣行、サビキでは小サバが入れ食いに

釣行した7月27日の夕方は、暑いせいかチヌ狙いの人は誰もいなかった。

サビキ釣りの人が数人いて、そのうちの3人連れが20cmぐらいの小サバを入れ食いで釣り上げていた。今年はどことも小サバが多くて、よく釣れているが、ここでは小アジの回遊は、まだないようであった。

夜になってからがチャンス

こちらが狙うのはアナゴとガシラで、暗くなってからが時合なので、ゆっくり仕かけ作りをする。

アナゴは夜行性なので明るいうちは、めったに釣れることはない。日が落ちて、辺りが暗くなってくると、エサを探しに出てくる。

ガシラも似た部分があって、特にここでは暗くなると、型のよいガシラが釣れるので、専門に狙う人がいるぐらいだ。

アナゴはブッコミ釣り、ガシラはズボ釣りで狙う

アナゴはブッ込み釣り、ガシラはズボ釣りで際を狙う。ここは際がスリットになっているので、中に入っているであろうガシラに、エサをチラつかせて誘い出して釣る作戦。

エサは青イソメとサンマの切り身を用意。アナゴ、ガシラとも同じエサで釣れるが、どちらかと言えば、アナゴはサンマの切り身、ガシラは青イソメの方がよい。

19時頃、対岸のクレーンの間に真っ赤な夕陽が沈んだ。これからが時合となるはず。

まずはガシラ狙いで図のような2本針仕かけで青イソメを付けて、トンとオモリが底に着くと、ほんの少しオモリを上げてアタリを待つ。

ガシラはだいたい底にいるが、際を釣る場合は底から少し上のタナにもいることがあるので、オモリの上にも針を付けている。

アナゴのブッ込み仕かけは、ここは流れが速い時が多いので、オモリは20号と重くし、際から数m前方のかけ上がりと、そのさらに20~30m先へ投入する。

当夜は北寄りの風がソヨソヨと吹いて涼しく、夕涼みがてらの釣りにはうってつけだ。

暗くなって1時間。そろそろアタリがあってもよい頃だが、どうしたことかエサも取らない。

アナゴ狙いの竿はそのままブッ込んでおいて、ガシラ用の竿は手持ちで際を探り歩く。

半円状のベランダの左右を20mぐらい探ってみたが、1回もアタリがなかった。

釣座に戻って、アナゴ竿を持ち上げると、1本は根掛かりしていたが、手前のかけ上がり付近に投げていた竿には魚の手応えがあり、上がってきたのはアナゴ。自分の手の親指あるなしの太さだが、やっと1尾釣れた。エサは青イソメ。

さぁ、アナゴの時合と期待したが、それっきり音沙汰なし。ガシラ狙いの方もさっぱりアタリがないので、21時過ぎに納竿した。

 

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!