【サーフ専用 激飛びポッパー】平均飛距離70mオーバーでナブラ撃ち可能!狂鱗(キョウリン)採用「ビームポッパー130Fフラッシュブースト」登場

出典:シマノ

ヒラメ攻略のパイオニアと言えば、シマノインストラクターの堀田光哉さん。

サーフでヒラメを狙っていても、本命以外にさまざまな魚が釣れることがあるそうです。

特に、よくあるケースとして、青物のボイルが突然発生! という、釣り人なら誰もが興奮するシーン。

そんな時、メタルジグをキャストするそうですが、メタルジグじゃ食わない青物や、キャストしても届かない時、そんな時に投げてもらいたいルアーを作りたい、そんな思いから誕生したのが、シマノの「ビームポッパー130Fフラッシュブースト」。

 

ビームポッパー130Fフラッシュブースト

シマノのサーフブランド「ネッサ」からリリースされる、全長130mmのポッパーです。

サーフ専用に開発されました。

まず、基本性能のご説明から。

 

1.抜群の飛距離

安定した飛行姿勢で、しっかり飛ぶ。

飛距離は、同サイズのルアー比較で10-20%アップし、平均飛距離は71.2mを記録!

この抜群の飛距離ですが、これを叶えるのが、いわゆるAR-C重心移動システムで、名称を改名した「JET BOOST(ジェットブースト)」。

「キャスト時の初速」「飛行姿勢の安定」「速やかな泳ぎ出し」の3要素を検証し、使い手の技量に関わらず、ロングキャストを実現します。

 

2.浮き姿勢

垂直の浮き姿勢で、アクションさせると大きなポップ音と水押しを発生。ターゲットにアピールします。

 

3.カップ形状

広口でやや深めのカップ形状は、安定したポッピングが可能。

 

4.フラッシュブースト搭載の専用設計

ボディ内部にスプリングで反射板を吊るした「フラッシュブースト」を搭載。

もはや説明不要の独自構造ですが、ロッドアクションなどの振動を利用し、さらにスプリングで振動をさせてルアーを動かさないドリフト中にも、小刻みなキラキラとしたフラッシングで誘い続けます。

また、大型青物にも対応するよう貫通ワイヤーを採用。#4リングと#2フック搭載で、安心して青物とファイトができます。

 

カラーラインナップは、個性の強い全7色

カラーは全部で7色ですが、フラッシュブーストの反射板がゴールドのタイプや、シマノと言えば「狂鱗(キョウリン)」の、ホログラムもいろんなパターンが採用されており、こだわりのカラーラインナップになっています。

おさらいしておくと、ベイトフィッシュのウロコのリアルなパターンを模したホログラムが「スケールブースト」。

その「スケールブースト」の中には、3つのパターンがあって…

・ナチュラルなアピールをする、細かいウロコ模様の「狂鱗(キョウリン)」

・ウロコ模様が大きくて、アピールが強い「強鱗(キョウリン)」

・ウロコのパターンは残しつつ、全体が透けている「透鱗(トウリン)」

これらのホログラムが、それぞれのルアーに適宜採用されていて、カラー同様、ホログラムも状況に応じて使い分けることで、攻略の幅がさらに広がるんです。ぜひ、覚えてくださいね!

Fイワシ

Fコノシロ

Fカタクチ

Fトウリンイワシ

Fピンクイワシ

Fチャートバック

Fサーフカーニバル

 

 

ちなみに、フラッシュブーストの反射板がゴールドの「Fピンクイワシ」「Fチャートバック」「Fサーフカーニバル」は、曇りや雨の日、薄暗い朝夕まずめなどのローライトコンディションで効果を発揮!

また、透過でシルエットを小さく見せる効果+ケイムラカラー採用の「Fトウリンイワシ」も気になる!

全長は130mm、重量は29g、本体価格は2600円(税別)。

シマノ公式「ビームポッパー130Fフラッシュブースト」詳細ページはこちら

 

サーフタックルで快適にキャストが可能。

ナブラがあってもなくても、ぜひ投入してほしいサーフ専用ポッパー。

これからの秋シーズンにも活躍必至なので、ぜひその実釣力を体感してください。

 

関連動画

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!