【意外な大物も釣れるかも】キスの好釣場で数釣りと大物の強引を楽しむ

寄稿:松尾幸浩

松尾幸浩(まつおゆきひろ) プロフィール

DAIWAフィールドテスター、全日本サーフキャスティング連盟、兵庫協会神戸投翔会名誉会長を務める投げ釣りのプロフェッショナル。キャスティングの競技会での優勝経験もあるなど、高い技術力を持っている。

厳しい暑さが続いているが、「近郊のキスが面白いように釣れますよ」と、釣友からの情報があった。そこで、8月7日に兵庫・東播の高砂港へ釣行することにした。

5時過ぎ、現地に到着。薄明るくなったので大波止に下りると、白灯台の先端部からズラリとルアーマンが並び大盛況。幸い、キスのポイントである波止の根元付近はまだ余裕があるので、急いでタックルをセットした。

投げ竿はトーナメントプロキャスターAGS30号-405、リールはサーフベーシア45。キス針6号の5本針仕かけで、石ゴカイを刺して軽くキャスト。スローでサビく。

堤防の根元はゲストが多い

当日は曇り空で東風が心地よい。竿先を見つめるが、弱々しいアタリの連続で、リーリングすると、何と小ダイにヒイラギ、ガッチョにハゼとゲストばかり。

そこで、思い切って白灯台の先端部に移動する。ここは出入りする船には注意が必要だが、東向きはガラ空きなので一文字の南側を狙ってキャスト。

スローでサビクとすぐにブルン、ブルルンとシャープなアタリがあり、ワクワクしながら上げると15cmと18cmのキスがダブルだ。

大きなハネがヒット

次は、ギューンと竿先を引ったくる強烈なアタリ。竿が大きく曲がり、重々しい引きに対応すると、足元に浮いてきたのはハネだ。タモをルアーマンに入れてもらい、引き上げたのは50cmもある大物。こんな細い仕かけでよく獲れたと思わずガッツポーズ。

キスが連続でヒットするように

それからは、キスが次々とヒット。面白いようにダブル、トリプルで釣れる。しかも、9時過ぎには大きなアタリがあり、ヒラメがきた。

慌ててタモをお願いしたが、今度はタモが小さ過ぎた。何度か失敗すると、ヒラメはキスを吐き出して水中に消えてしまった。残念…。60cmはあったと思うので、本当に惜しいが仕方ない。

それからもキスは釣れ続き、さすがに暑くなってきたので11時前に納竿した。

本日の釣果はキス13~22cmを41尾とハネ50cmだった。

■高砂港へのアクセス

車は加古川バイパスの加古川西で下り、南下して国道250号を西へ。播州大橋の西詰めから側道に入り、加古川右岸を南下して現地へ。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!