具材の出汁がメチャクチャウマい!アオリイカのパエリアが絶品です!

寄稿:菱田雅巳、裕子

日本海のイカシーズンは、各地ともに半夜便や深夜便のイカ狙いやイカ五目で賑わいを見せる季節です。

そこで、我が家の「板長=女房」が、私が各地への釣行で釣ってきたイカや、ゲストで釣れる魚を美味しく召し上がっていただくための「料理レシピ」を紹介します。

今回は夜釣りのターゲット、アオリイカの料理です。ぜひお試しください。

具材の出汁で炊き込む絶品なアオリイカのパエリア

◆ 材料 ◆ (4人分)
•米 2合 洗わない
•アオリイカ 中サイズ1パイ
•鶏もも肉 200g 1~2cm角に切る
•ブロックベーコン 50g 1cm角に切る
•殻付き海老Lサイズ 4尾 足だけ取っておく
•殻付きアサリ(ムール貝でも可) 250g 砂抜きしておく
•玉ねぎ 大1/2個 大き目のみじん切り
•パプリカ 1/3個 ざく切り
•トマト 中1個 ざく切り
•ニンニク 1片 みじん切り
•セロリ 茎5cm 葉少々 ざく切り
•白ワイン 15cc+50cc
•サフラン 0.3g
•ローリエ 1枚
•塩 小さじ1/2
•オリーブオイル 大さじ2
•レモン 1/3個
•生バジル 少々(なくてもよい)

◆料理手順◆
①アオリイカは内臓を外して皮を剥き、身とエンペラはひと口にそぎ切り、足は3cmぐらいに切っておきます。

②殻付き海老は足だけ外して、殻の間に竹串を入れて背ワタを抜き、水洗いをしてから白ワイン15ccを回しかけておきます。

③ピッタリとフタのできる厚手の鍋に、オリーブオイル大さじ1とニンニクを入れ、弱火で炒めます。

④ニンニクの香りが立ってきたら、カットした鶏肉、ベーコン、玉ねぎを入れ、玉ねぎが透き通るまで中火で炒めます。

⑤②の海老(回しかけた白ワインは捨てる)、アサリ、セロリの茎、トマト、ローリエ、白ワイン50ccを鍋に加えて、フタをして弱火で10~15分加熱します。

⑥アサリの殻が開いたら、②のイカを加えて中火でひと煮立ちさせ、イカに8分目ぐらい火が通ったら、パプリカを加えて、鍋の中身を全てザルで漉して蒸し汁と分けます。

⑦蒸し汁に水を加えて400ccにし、サフランと塩小さじ1/2を加えておきます。

⑧空になった鍋は洗わずに、オリーブオイル大さじ1を入れ、中火に掛けて洗っていない米を炒めます(ここでよく炒めるのが大事)。

⑨しばらく炒めて米が透き通ってきたら、⑦の蒸し汁を加え、ザッとまぜ合せて表面を平らにならしたらフタをし、始めは強火で、沸騰して湯気が出てきたら弱火にして15分ほど加熱します。

⑩耳を澄ませて、水気がなくなり、米が鍋底で小さくパチパチと音を立て始めたら、⑥で取り分けた具材を手早く加え、フタをして弱火で2~3分加熱し、火を止めて余熱で10分蒸らします。

⑪セロリの葉のざく切りと、あれば生バジルを散らして、好みでレモン汁を絞ってどうぞ。

◆料理時のポイント◆
お米は洗わずに作ります。

よく炒めると、パラパラとした食感に仕上がりますよ!

具材を入れてからの加熱時間を長くすると、おこげができます。

好みで時間を調整してみてください。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!