【狙え!200cm超のモンスター!】タチウオファンの夢を叶えてくれる、魅力いっぱいのエリアで「メガタチ」釣り大満喫!

寄稿:美味魚ハンター けーちん

沖縄に潜む「メガタチ」を狙う

沖縄近海に生息する巨大タチウオ。

その正式名称はオキナワオオタチ

体長2mにまで成長するその大きさから、釣り人からは「メガタチ」と呼ばれています。

メガタチはこんなに大きい!

ドラゴンサイズの120cmのタチウオとメガタチ165センチの顔比べ。

120cmがちっこく見えちゃう!

そんな巨大タチウオを狙って、今年も釣友と訪れてきました。

お世話になったのはメガタチウオ釣りのパイオニア、ワイルドⅡ。

宜野湾港マリーナから出航、ほどなくしてポイントへ到着。

釣友と記念写真もバッチリ

夜釣りで浅場を狙う釣り方もあるが、この船宿では日中の釣りとなり、狙う水深は250~350m。

水深が深いため、テンヤにはオモリも足して使用する

80号のタチウオテンヤにサンマを付けた、タチウオの中深海釣りとなります。

「水深305m、始めてください。」

竿先を下方向に向け一気に落とし込む。

タナは底から50m! 底から10mはエサ取りに注意!

海底から上50m前後までの層が大型を狙えるチャンスダナですが、着底から10m上まではエサ取りが多いため注意が必要。

ドキドキしながら一気に10mを巻き上げたら、ここからが本番!

アタリはそれほど大きくはなく、大阪湾のタチウオテンヤとかわらないアタリ。

しかし沖縄のタチウオは、やはりデカイ。

大阪湾や北陸、関東などで楽しまれている一般的なタチウオ釣りで、120cm、幅指5本クラスになると「ドラゴン」と呼ばれています。

テンヤとドラゴンサイズの小さいタチウオ

しかし、ここでは何とこのサイズがアベレージサイズなんです。

160cm、幅指10本クラスからメガタチ認定

ちなみに160cm、幅指10本クラスからメガタチ認定とされてます。

メガタチファンに魅了されたアングラーは、この160cmオーバー、そして200cmを目指しておられます。

もちろん、私の今回の目標も165cmを超える自己記録更新と、この船宿での最高記録の204cm級のメガタチを見てみること。

コツッとしたアタリから、掛けるまでのドキドキ感。

うまく掛けられた時は嬉しいし、水深300mからバラさずに上げてくるまでの時間も、息をのむような緊張感がありスリリング(スリル満点)な釣りです。

当日は162cmのメガタチをゲット!

148cmのオキナワオオタチ

162cmのメガタチ

今回は、良型サイズを数多く釣らせていただいたのですが結果、自己記録更新は叶わず。

こんなことも、釣りの醍醐味ですね。

また、来シーズンの挑戦を楽しみに、いろんな夢を持たせてくれる沖縄の海に感謝したいです。

筆者の当日の仕かけ

ワイヤーリーダーは自作

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!