【船タコゲームの激戦区を攻略】パワー、感度、操作性、キャスト性能、すべてにおいて高次元のシマノの専用ロッド「タコエギ XR」2モデル登場

人気急上昇中の船タコゲーム。

特に初夏のベストシーズンともなれば、船タコのメッカともいえる兵庫県明石沖は船がひしめき合い、超ハイプッシャー化に。

そんな状況の中でも、もう1パイを手にしたい。激戦区を攻略するための専用ロッドが、シマノから新登場。

タコエギXR

出典:シマノ

高感度と繊細な操作性の両立

タコエギXRには、UDグラスチューブラー穂先を採用。

カーボンスリットテープにUDグラスを纏い、さらに外側にカーボンすりっとテープを巻いたもので、従来のグラスソリッドとの比較(同社比)で、約32%の軽量化を実現。

軽量化により、オモリを海底から離さず小突くという繊細な操作を、より正確に、快適に行うことが可能に。

また、軽さに加え、適度な柔軟性を備えているので、タコのかすかなサワリやモタレを手感度として伝達。

タコが乗る前に感じる違和感も捉え、アワセのタイミングも見極めやすい、高感度な1本。

ブランクスには、スパイラルXコアを搭載。

ナノアロイテクノロジーによる高強度樹脂を用いたカーボンテープを使用し、ブレやネジレを抑制。

繊細な操作性と、大型タコを引き剥がす強大なロッドパワーを発揮する。

 

広範囲をサーチする遠投性能

年々人気を増す船タコゲームにおいて、船下はハイプレッシャーエリアになるため、遠投性も重要に。

タコエギXRには、より広範囲を探れるよう、スナップを効かせたキャストがしやすい低重心のマルチパーミングタッチCI4+を採用。

ロッドのブレを抑え込んだスパイラルXコアのブランクスと相まって、ストロークの短いアンダーハンドでもキャスティングが可能に。

シマノ公式「タコエギXR」詳細ページはこちら

全長1.75m、2モデルのラインナップ

S175

穂先をしなやかに大きく曲げる調子に設定することで、エギを移動させずに細かく誘うことが可能。キャストが快適なリールシートにより、浅場の広範囲攻略も有効で、繊細な釣りに対応する1本。

M175

S175 よりもしっかりとした穂先設定により、しっかりとエギを操作することが可能。荒根、深場、海藻周りの釣りに対応するモデル。

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) 錘負荷(号) カーボン含有率(%) 価格(円)
S175 1.75 2 91.5 132 1.7 30~80 91.8 45650
M175 1.75 2 91.5 135 1.8 40~80 90.9 46200

 

激戦区でもう1パイを手にするために。パワーはもちろん、感度、操作性、キャスト性能に優れた1本で、今シーズンの船タコ釣りを堪能されてみてはいかがだろうか。

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!