【アンダー1万円のハイコスパが魅力】タコ釣り専用のタフで、投げられるめっちゃイイリール「バルトムBCオクトパス」が気になるぅ!(プロックス)

今年のタコの機嫌はまだイマイチですが、大型がかなりまじって釣れています。

2kg超から3kg前後の大ダコまで釣れており、小ダコが増えてくれば数も釣れて、サイズも大きいのがまじって楽しいんだろうなーと本格シーズンを待ち遠しく思っています。

船タコ釣りは、手釣りという船も今はほとんどなくなり、リールと竿を使った釣りが一般的。

リールと竿ってどんなものを選んでよいか分からない皆さんに、今回はオススメのリール、プロックスの「バルトムBCオクトパス」を紹介したいと思います。

アンダー1万円で、タコ釣りに必要な要素の詰まった超コスパリールなので、検討してみてくださいね!

タコ釣りに必要なパワーを完備

さて、船タコ釣りのリールに求められる条件って何でしょうか?

第一に必要なのはパワーです。

巻き上げるパワー、ドラグ力の両方が必要とされますが、この「バルトムBCオクトパス」はそのふたつを両立しています。

ドラグ力は6kgで大型のタコを掛けても楽々リフトアップすることができ、ギア比は5.3:1のローギアなので掛けた後の巻き上げもかなり快適です。

・ローギアがタコ釣りに向いている理由

ハイギアだとダメなの?と思うかもしれませんが、タコ釣りにおいて水深は10m前後の浅場から、深くても40~50m前後。ハイギアの恩恵である、巻き上げスピードというのは実感しにくい深さだと思います。

なので、ローギアで手に負担を掛けないように巻き上げた方が結果として快適に釣ることができる場合が多いですよ。

ハンドルには75mmのパワークランクハンドルと大型のEVA製のグリップを採用することで、より快適な巻き上げを実現します。

マグネットブレーキ付きで、キャストしやすい!

近年のタコ釣りに欠かせないのが、キャストの釣り。

ハイシーズンになるつれ、竿下というのはタコにとってハイプレッシャーなエリアへと変貌します。

そのため、キャストしてエギの密集を避けることで、エギがタコから目立ち、またオマツリも回避でき、広範囲を探れるというメリットが多いのがキャストするタコ釣り。

「バルトムBCオクトパス」にはマグネットブレーキが付いており、ダイヤルで簡単にその調整ができます。だから、自分の力量に合わせたブレーキ調整にしておけば、簡単にキャストすることが可能です。

PEライン2号200m付きですぐに使える!

オススメのポイントとして、もうひとつ挙げておきたいのが、PEライン2号がすでに200m巻かれている点

なので、リールを買ったら、リーダーを結べばすぐに使えて、しかもとっても経済的です。

アンダー1万円でタコ釣りが快適に

これだけ性能がよくて、メーカー希望価格は何と8500円。諭吉さん1人でお釣りがくるハイコスパっぷり。

現状は右巻きモデルのみがラインナップされていますが、今後は左巻きモデルも登場予定とのこと。

ハイコスパなリールで人気のタコ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳細はプロックスの公式サイトで

バルトムBCオクトパス

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!