【初心者超歓迎!】船タコの準備、これでOK!専用ロッド「ソルパラ舟タコ」と新型エギ「ぷりぷりタコエビ」でタコをゲット!

船タコ釣り特集

全国的な人気を誇る船のタコ釣り。

比較的シンプルなタックルと釣り方で釣れるため、初心者にもオススメ。

でも、最初は何から準備したらいいか、分からないですよね。

そこで、メジャークラフトの川上氏に解説してもらった初心者オススメの釣り方やタックルの選び方などを紹介しちゃいます!

川上哲(かわかみてつ) プロフィール

メジャークラフトの商品開発を手掛けるナイスガイ。ショア、オフショア問わずさまざまな釣りに精通するマルチアングラーでもある。釣り以外にバイク、ゴルフと言った趣味も。

道具立てはシンプルに

使うルアーはタコエギが一般的

船のタコ釣りの一般的な仕かけはタコエギ。

以前は、タコテンヤと呼ばれる板にオモリの付いた仕かけで狙うのが一般的でしたが、近年は何と言ってもタコエギが人気。

各社から様々なエギが出ていますが、中でもタコエギのオススメはメジャークラフトの「ぷりぷりタコエビ」。

初心者にも使いやすい高アピールなエギです。

「ぷりぷりタコエビ」の紹介記事はこちら

【爪が自動で誘っちゃう!】メジャークラフト渾身の最新タコエギ「ぷりぷりタコエビ」がメチャクチャ気になります!

タコエギは2つ付けがカラーローテーションもしやすい

タコエギは2つ付けがオススメです。なぜなら、2つ付けることで当たりカラーの判別が容易になり、アピール力が上がるからです。

あまり増やし過ぎると、潮受けがかわってしまうので、増やし過ぎにも要注意です。

カラーの選び方は、朝イチなどのローライトな時間帯は、グローなどの光るアピール系のカラーが強いです。

これは朝イチは日が出ておらず、海中に届く光も少なく、暗いので海中で目立つからです。

ロッドはソルパラシリーズがオススメ

ロッドは、まず最初の1本に選ぶなら、グラスソリッドティップのタイプがオススメです。

それは、穂先が柔軟なので穂先に出るアタリが分かりやすいから。

また、タコに違和感を与えにくく、乗せやすいのも特長です。

メジャークラフトの「ソルパラ舟タコモデル」がこれにあたるので、船タコ釣りをはじめてみたい!という人にオススメなんです。

穂先が柔軟だと、誘った時にエギが動き過ぎないので、初心者でも誘いがやりやすいですよ。

ロッドの使い分けは、以下の記事を参考にしてみてください。

【コスパ抜群の専用竿で楽しむ船タコ釣り】ノリ重視?感度重視?あなたに合ったロッドが、これで見つかります!

釣り方の基本は底を切らないこと

まずは底取りから

タコは基本的に海底にいるので、大事なのは底取り。

その後は、タコエギを動かし過ぎないように細かく竿を動かします。

アタリがあったら力強く合わせよう

アワセは大きく力強く合わせましょう。

タコは底に張り付いているので、それを引きはがすように大きく合わせることがポイントです。

ノリが弱いなと感じた時は、ひと呼吸おいて合わせると上手くいくことが多いですよ。

アタリがない時はリフトすることでタコにアピール

何度か誘いを掛けて、アタらなければ竿を大きく上げて、再び底取りをしてみましょう。

一度竿を上げることで、タコがエギの存在に気が付く可能性があるので、リフト&シェイクが有効な誘いになりますよ!

アタリカラーを探すカラーローテーションが大切

アタリカラーは日の出ていないタイミングはグロー系が強いと前述しましたが、1日の中でもアタリカラーは結構コロコロかわります。

なので、カラーローテーションが重要になってくるのですが、ここでも活躍するのがぷりぷりタコエビ。

爪を簡単に交換することができるので、カラーローテーションが容易でいろいろなカラーを試すことができるんです。

そのため、当たりカラーを探すことが簡単になり、手返しがアップしますよ。

カラーラインナップも豊富なのでgood。

以上が川上氏に聞いたタコ釣りのポイントです。

「ぷりぷりタコエビ」や「ソルパラ」など初心者でも使いやすいアイテムで簡単にタコを釣ってみませんか?

以上のポイントを紹介した動画が公開になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね

メジャークラフト プロフィール

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!