【スリル、ドキドキが半端ない!】今、人気の「落とし込み釣り」の魅力とは?

瞬く間に人気の火が付いた、船から楽しむ「落とし込み釣り」。

タテ釣りや、アンダーベイトととも呼ばれるこの釣りは、多くの人から熱い支持を受けています。

落とし込みって一体何?

落とし込みとは、仕かけをベイト(小魚)の群れに落とし込み、ベイトを掛ける釣り。そして、そのベイトフィッシュイーター(大物)がバクっと食べる。いわば食物連鎖を利用した釣りです。

ベイトのタナに仕かけを落とせば、ズラズラとベイトが掛かる

イワシやアジなどのベイトがエサとなる

最大の楽しみは3つ

・ベイトが掛かった瞬間の釣れるぞ! 感
・周りにフィッシュイーターがいる時に急にベイトが暴れ出した時
・どんな魚が釣れるか分からないワクワク

これなんですよね!

筆者も落とし込みを経験したことがありますが、何度やっても楽しくてソワソワしてしまいます。

また、最後の「どんな魚が釣れるか分からない」こともかなり魅力。フィッシュイーターならどんな魚でも釣れます。

ブリ、サワラ、タイ、根魚などなど。エリアによって釣れる魚種がかわるというのも楽しみですよね。

さてさて、そんな楽しい釣りの仕かけって一体どんな物なのか気になってきたのではないでしょうか?

落とし込み釣りの仕かけとは?

落とし込み釣りは専用のサビキ仕かけで狙います。堤防用のサビキ仕かけと間違わないようにしてくださいね!

パッケージに落とし込みやタテ釣りと書いてあればOK

出典:がまかつ

ちなみに、ビギナーだと扱いやすいショート仕かけがいいでしょう。

落し込みサビキ ショートスペシャル

この写真は、がまかつの「落し込みサビキ ショートスペシャル」。

全長が1mと短いので初めての人でもとっても使いやすくて、ベイトの掛かりもいい仕かけです。

筆者的にかなりオススメです。

下向きハリスでベイトの乗りを誘発

この仕かけは、下向きハリスになっています。これによって、仕かけを落とし込む際に広がりやすく、鈎が幹糸から離れることでベイトの乗りを誘発してくれます。

また、引かれる方向にハリスが向いているため、ハリスや幹糸が折れ曲がらず結節強度が強いので、青物の強い引きもしっかりたえることができます。

仕かけ図

ラインナップ

鈎は金と銀の2種類。それぞれ状況によって使い分けるのがベストなので、どちらも用意しておくのがいいいでしょう!

金鈎タイプ

銀鈎タイプ

スペック

ライト落とし込みから、大物まで狙うことができる号数まで用意されているのは嬉しいですよね。また、2つ入りなのもオトク感。2つ繋げて使用するのもいいですよ!

号数 ハリス 幹糸 入数 希望本体価格(税抜き)
10 8 12 2 880円
12 12 14 2 880円
13 14 16 2 880円

各地でシーズンを迎えている、落とし込み釣り。デビューするなら今です!

がまかつ公式「落し込みサビキ ショートスペシャル」の詳細ページはこちら

がまかつ

高品質の代名詞として釣り人に愛されるブランド。1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!