【全モデル1万円台!】テンヤも天ビンも、これ1本で船タチウオはOK!シマノの「サーベルマスターBB」に2モデル追加!

船のタチウオ釣りと言えば、テンヤタチウオと、天ビンタチウオが大人気。

特に、東京湾では天ビンとテンヤ、大阪湾ではテンヤの釣りが大盛り上がりですよね。

東京湾では現在、ドラゴンラッシュとなっており、大阪湾のテンヤタチウオファンも、今か今かと開幕を待っています。

 

誘って、積極的にアタリを取っていくゲーム性、力強いアタリと引きが魅力の船タチウオゲーム。

一度、チャレンジしてみたいな…という人に、ぜひオススメしたいのが、シマノの船タチウオ専用ロッド「サーベルマスターBB」です。

サーベルマスターBB

出典:シマノ

サーベルマスターBBは、テンヤタチウオはもちろん、天ビンタチウオにも対応する、船タチウオゲーム専用ロッド。

7:3、8:2、9:1の各調子、全5アイテムのラインナップだったのですが、2021年夏、2アイテムが追加されます。

73ML190

軽量な30号テンヤに対応するMLパワーの全長190cm。

繊細な穂先と、クッション性を持ったベリーからバット部が特長的な、7:3調子に仕上がっています。

高感度で食い込み性に優れたグラスソリッド穂先は、目感度が抜群。繊細に食わせて乗せる、そんな状況が得意な1本です。

また、40~50号テンヤを使用すれば、食い渋りにも対応。フィネスかつ、低活性時に頼れるモデルになっています。

82MH195

オールラウンドな既存モデル「82MH180」のロングレングスバージョン。

15cm長くなったレングスは、シャクリ操作の幅が広がり、テンヤを大きく動かしてアピールすることが可能に。

また、波気があったり、外海でウネリがあったりするようなシチュエーションでも、仕かけを安定させやすいので、バイトチャンスを逃しません。

 

コスパ最高のBBシリーズ!追加機種含む全アイテム1万円台

エントリーにぴったりのBBシリーズなので、メーカー希望本体価格(税別)は1万円台。

もちろん、性能もしっかり!

穂持ちからバットまで、ネジレに強いハイパワーXを採用。ドラゴン級とも十分渡り合えるパワーを持っています。

リールシートには、操作性に優れたマルチパーミングシートを搭載。

軽くて握りやすく、操作性が向上。1日誘い続けても、疲れにくいシートになっています。

全機種、高感度で食い込み性に優れたグラスソリッド穂先を搭載。

1日中誘っても疲れ知らずの、自重の軽さも魅力ですね。

■全アイテムSPEC

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) 錘負荷(号) カーボン含有率(%) 本体価格(税別)
73ML190 1.9 2 98.8 110 1.1 15~80 78 17,500円
73 M190 1.9 2 98.8 110 1.1 20~80 84.8 17,500円
73 MH185 1.85 2 95.8 110 1.1 20~100 84.8 17,800円
82 MH180 1.8 2 93.9 110 1.1 30~100 88 17,800円
82MH195 1.95 2 101.4 118 1.1 30~100 80.2 19,500円
82 HH170 1.7 2 88.6 110 1.1 40~120 86.7 18,100円
91 H185 1.85 2 97.8 115 1.2 40~120 90 18,400円

シマノ公式「サーベルマスターBB」詳細ページはこちら

 

「73ML190」は2021年7月発売予定、「82MH195」は2021年8月発売予定

いよいよ、船タチウオシーズン本番!

エントリーに好適なのは間違いありませんが、サブロッドとして違う調子や長さを選ぶというのもあり!

ぜひ、今季は「サーベルマスターBB」をお供に、船タチウオゲームを楽しんでください。

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!