【狙うは大物】繊細な穂先で掛けて強靭なパワーで制する。シマノ「ビーストマスター落し込み」2021年9月発売予定

エサは現地調達で不要、そのうえ多彩な魚種が狙えて、船釣りの中でも人気が高まっている「落とし込み釣り」。

この釣りでキーとなるのは、サビキ仕かけで小型のベイトを掛けることと、さらにベイトの動きを感じて掛ける操作性と、掛けてから大物とのパワーファイトができるか。

そんな、柔と剛の相反する要素を持った専用ロッドが、シマノの「ビーストマスター落し込み」。

出典:シマノ

ビーストマスター落し込み

強靭なパワーの源は「ハイパワーXフルソリッド」

高強度グラス無垢材の最外層を、カーボンテープでX状に強化した「ハイパワーXフルソリッド」を採用した、ビーストマスター落し込み。

粘り強いグラス無垢材の特性を生かしつつ、無垢材のデメリットであったネジレによるブレやパワーロスを制御。不快なフィーリングを抑え、快適なロッドアクションを実現しました。

 

ブランクス一体構造で高強度化

従来モデルのアルミフェルールによるジョイントシステムを進化させた、タフバットフェルール構造を採用。

リールシート内を貫通したカーボン素材に、肉厚化で強度を高めたフェルールをジョイントすることで、ジョイント部からバット部まで大幅な高強度化を実現しました。

 

リールシートも対大物仕様のシマノオリジナルデザインのアルミシートで、リールをガッチリと固定。安心して大物とファイトが楽しめます。

 

 

グラスソリッド穂先の柔軟性

もちろんロッド全体の強さだけが特徴ではなく、穂先は柔軟に仕上げています。小型のベイトを弾かずに掛けて、わずかな反応も伝える感度を兼備。

落とし込み釣りでは、このベイトを掛けて、掛かったベイトの変化を穂先で感知し、ターゲットに食わせて掛けるという一連の動作が重要なんですが、このビーストマスター落し込みの優れた操作性が、これをアシストしてくれます。

このやり取りが非常にスリリングで、これこそが落とし込み釣りの醍醐味と言えます。

 

照準は大型魚。ハイパワーな2モデルのラインナップ

H230

張りを持たせ操作性に優れたハイパワーアイテム

標準オモリ負荷(80~200号)。8:2寄りの7:3調子で、張りのあるバット~ベリーは操作性に優れ、手持ちでメーターオーバーに照準を合わせたハイパワーモデル。

 

MH235

粘り強さの7:3調子オールラウンドアイテム

標準オモリ負荷(60~180号)。ハリス8~24号に幅広く適応し、シーズン初期の小さなベイトを掛け、ファイト時の柔軟性と粘り強さを兼ね備えた7:3調子オールラウンドモデル。

■SPEC

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) オモリ負荷(号) カーボン含有率(%) 本体価格(税別)
H230 2.3 2 198.4 698 80~200 57.2 126,000円
MH235 2.35 2 203.4 670 60~180 56.5 126,000円

シマノ公式「ビーストマスター落し込み」詳細ページはこちら

 

ビーストマスター落し込みは2021年9月発売予定

大型と渡り合える強靭なハイパワーXフルソリッドとタフなバッド、そして柔軟な穂先を備えた「ビーストマスター落し込み」。

繊細かつ大胆な落とし込み釣りで、ぜひ大物とのパワーファイトを楽しんでみては。

 

関連動画

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。

 

 

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!