超軽量の船カワハギ最新ロッドで剣崎沖の大型を攻略!!【夏カワハギ実釣編】

連載:西村豪太FishingGO!GO!

西村 豪太(にしむら ごうた) プロフィール

幼少期から釣りを始め、カワハギ、タチウオ、イカ、タコ、アユetc…オールジャンルの釣りに精通するマルチアングラー。ダイワカワハギオープン2011準優勝、2016全国大会出場、KAWAHAGI FESTA2016 KANSAI PRIDE FINAL優勝、大阪湾タチウオKINGバトル2016 4位入賞。ダイワスタッフ

皆さんこんにちは、西村豪太です。

これからシーズンインを迎えるカワハギですが、何と今期ダイワから、史上最軽量のカワハギロッド「極鋭カワハギEX AGS LC」がリリースされます。さらに「極鋭AIRシリーズ」も同時発売となるため、早速、両ロッドをレビューしたく、夏カワハギを楽しんできましたので、その模様をお伝えします。

カワハギの聖地、神奈川県剣崎沖で実釣

今回のフィールドは、カワハギ釣りの聖地である神奈川県久里浜の巳之助丸です。私は右舷トモ2番の席に着座。定刻7時半にポイントとなる剣崎沖に向け、出船しました。

このシーズンは水深10~30mの浅場がメインとなるため、今回のロッドレビューのフィールドとしては最高です。

極鋭カワハギAIR VS&アドミラA100XHで開始

まずは、今期フルモデルチェンジした極鋭カワハギAIR VSにアドミラA100XHをセットして、釣りをスタート。こちらのタックルも十分に軽量で、ロッド61g、リール160g、合計221gと、めちゃくちゃ快適なタックルです。

この時期は大型カワハギ中心のため、針も大きめを選択。3本針の上2本はパワースピード7.5、下針はネオフック4.5(どちらもハリス8cm)で終日、釣りを通しました。

夏カワハギの特徴として、釣れるカワハギが大型メインである一方、個体数が少なく、アタリの数自体は多くありません。

また、魚もスローのため、誘いもスローで、待ちの時間も長めがよい傾向があります。警戒心の強い老猾なカワハギと知恵比べするイメージでしょうか。

ハイシーズンのワッペン相手のスピード勝負が得意な私は、スローな誘いがよいことが分かっていても、まずはガンガン誘ってガンガン仕かけを動かす釣りを展開してみました。すると、案の状、なかなかアタリがでない! 釣れない訳ではありませんが、何となくパターンにハマっていない感覚です(泣)。

 

自重50gの史上最軽量カワハギロッド、極鋭カワハギEX AGS LCにチェンジ

ここまで時速1尾ペース、3尾ほど釣ったところで状況を打開すべく、秘蔵っ子タックルに持ちかえました。

そう、それが冒頭に書いた、史上最軽量カワハギロッドである極鋭カワハギEX AGS LCです。

ダイワのカワハギロッドの中では、比較的柔軟な1133調子で、LC=ライトコンセプトの通り、自重が50gしかありません!

まさに「WOW!!」なロッドに、こちらも超軽量リールのアドミラ100XH(135g)をセットします。まさかのセットで185g!! 先ほどのタックルも十分軽量でしたが、持ち比べると、その軽量性に驚愕! 使う前からニヤニヤ、笑いが止まりません。

では、なぜカワハギタックルはこれほど軽量に進化してきたのでしょうか。それには、感度に軽量性が深く関連しているからなのです。

カワハギは「エサ泥棒」と言われるほどエサ取りが上手く、気付かないうちにエサを取られてしまいます。そのため、カワハギ釣りのタックルは感度が求められるのですが、鈍重なタックルでは感度が悪く勝負になりません。

軽量なタックルほど、力を入れずにパーミングすることが可能で、結果的に手元に違和感を感じやすく、感度が高まっていきます。カワハギ以外では、近年人気のアジングタックルなども同様のイメージで、各社自重競争になっていますね。まさに「軽さは感度」、カワハギ釣りにおいては、軽いタックルは正義なのです!

釣り方をロングステイや送り込みにかえてアタリ連発!!

話を釣りに戻しましょう。タックルチェンジと合わせて、釣り方も変更。マイナステンションの釣りを展開し、ステイも長めを意識しました。

すると、これが狙い通りハマり、ゼロテンロングステイや中オモリを送り込み中にSMT(スーパーメタルトップ)を震わせるアタリが連発します。

もちろん、軽量なタックルのため、手元にも違和感が伝わります。ザラザラやガサガサといった感覚でしょうか。大型カワハギがターゲットのため、焦らず余裕を持って乗せるように合わせるとフッキング成功率が高く、ここから一気に数を稼ぐことができました。

最終的に11尾と、数はそれほど伸びませんでしたが、夏カワハギとしては納得の釣果となりました。

さらに竿頭ステッカーもいただけたので、ホクホクしながら帰路に就くことができました(笑)。

全国で秋から冬まで楽しめるカワハギ。西のカワハギ釣りのメッカである関西や三重はもちろん、昨年は瀬戸内エリアも好調な釣果に恵まれました。

今シーズンはぜひ、軽量なタックルでライバルに差を付けましょう!

 

~筆者の使用タックル~

ロッド:極鋭カワハギEX AGS LC極鋭カワハギAIR VS
リール:アドミラ100XHLアドミラA100XHL
道 糸:UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 0.8号
仕かけ:自作幹糸3号
針     :D-MAXカワハギ糸付き徳用SSスピード/パワースピード/ネオフック
中オモリ:快適カワハギピラピラ集寄R M2号
オモリ:快適船シンカーSR 30号

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!