【ゲキサスでタチウオ激刺し!】「太刀魚道場 舟てんや ゲキサス」は、ここがすごい!

タチウオ特集

テンヤタチウオで使用するテンヤって、ヘッドとフックと言ったシンプルな構造。

フックサイズの大小や、ヘッドの形や素材が違ったりと、それぞれ個性はありますが、基本的には構造は同じ。

では、どれを選べばいいの?と迷う人もいるかと思います。

それは、誘い方のスタイルによって選ぶテンヤも変えていくのがベストで、積極的に掛けていきたい人には、乗せではなく、掛けるタイプがオススメ。

早掛けも誘いのレパートリーはさまざまですが、オーソドックスなジャーク&ステイは、タチウオからのアタリを出しやすく、アタれば即フッキングするのが◎。

操作も非常に分かりやすくて、アタリも多い。そんな釣りで、たくさんのタチウオを釣りたい!という人にオススメなのが、刺さりやすさ重視のテンヤです。

太刀魚道場 舟てんや ゲキサス

メジャークラフトの太刀魚道場 舟てんやシリーズに新しく登場する、「太刀魚道場 舟てんや ゲキサス」、通称ゲキサス。

とにかく、刺さりやすさを重視した設計になっています。

 

1.フック形状

㊤太刀魚道場 舟てんや ㊦太刀魚道場 舟てんや ゲキサスのフック形状

上の写真にご注目。 これまで発売されていたメジャークラフトのテンヤは2つ。 ひとつはノーマルタイプの「太刀魚道場 舟てんや」、もうひとつが、乗せタイプの「太刀魚道場 舟てんや巻き乗せ」。そして両者のフック形状は写真上側。

一方で新たに発売された「ゲキサス」は写真下側のフック形状。比べると、形状が違うのが一目瞭然。上は針先がストレートになっていますが、ゲキサスはやや内側に入って、針先がねむっています。

これがどういう利点があるのかというと、タチウオがテンヤをくわえてから、フッキングする距離が近くなります。その分、早く掛かるということで、刺さりやすいということです。

 

2.フックの位置(支点)

そんなフックですが、ヘッドのどの位置から出ているかにも注目してください。ゲキサス(写真下)の位置はオリジナルより下になっています。

これは、支点が下になることで、タチウオがエサをくわえた時に針が回転し、より早く刺さりやすくなるということなんです。

 

3.水平姿勢をキープ

テンヤの姿勢は、水平になるように設計。これは、尻下がりの姿勢よりもエサを食わせる範囲が大きくなり、アタリが取りやすくなるため。

水平姿勢で食わせて、こだわりのフック形状で刺さりやすくなっていて、まさにゲキサス仕様といえます!

 

イワシエサをセットしやすいアゴのせホール、フロロリーダー&エサ巻きワイヤー付属ですぐに使えるのも便利ですね!

 

カラーラインナップは、定番から注目色を含めた6色

そんな、刺さりやすさにこだわりマクった「太刀魚道場 舟てんや ゲキサス」ですが、気になるカラーラインナップは全6色。

 

スーパーグロー

ゼブラパープル

ゼブライエロー

ケイムライワシ

ケイムラピンクイワシ

マットブラック

大阪湾定番のグロー系、光量が上がってきたら投入したいケイムラ系から、低活性時や冬場に威力を発揮すると注目のマットブラックまで。

お好みのカラーを選んでくださいね!

サイズは30号、40号、50号で、本体価格は30号が730円、40号が750円、50号が800円(税別)。

メジャークラフト公式「太刀魚道場 舟てんや ゲキサス」詳細ページはこちら

 

ぜひ、2021年はこのゲキサスを皆さんのラインナップに加えて、刺さりやすさを体感!

テンヤタチウオゲームを楽しんでくださいね!

 

ゲキサスを使ってタチウオを攻略!動画もチェックしてくださいね~。

メジャークラフト プロフィール

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!