【今期も大流行間違いナシ】人気爆発中!「トンジギ」基本の釣り方

旬魚にロックオン

そう題して、12月から狙うことができる、旬のターゲットをご紹介!

そのターゲットとは、「ビンナガ」。

今回は、強烈なファイトを楽しませてくれる「ビンナガ」の狙い方、基本の釣り方をお届けしたい。

ビンナガって何?

ビンナガは、標準和名で和歌山、三重県では「トンボ」と言う。

両県では、人気の釣りとして、数年前から確立されており、釣具店では、専門コーナーができるほど。

タックル&仕かけ

大人気の”トンジギ”で狙う

ビンナガ(トンボ)は、ジギングで狙う。

そのことを近年では、”トンジギ(トンボジギング)”と言う。そんなトンジギのタックルや仕かけはこちら。

・ロッド:パワーのあるジギング専用ロッド
・リール:ジギング用リール、またはスピニングリール8000番
・道糸:PEは3号を最低でも300m
・リーダー:20~30号
・ジグ:150~300g

ブラッティーノ(ジニオ)。トンボの強引も難なくいなせる安心のロッドに仕上がっている

ジギング専用ベイトリールがベスト

ジグのチョイス

トンジギのマストカラー

必ず持っておいて欲しいのは、セミロングでカラーはシルバーのジグ。

また、深いタナを探ることもあるので、ジグは150~300gまでは用意しておくこと。

基本的には、シルバーがよいが、状況次第では、シルバーにアタリがないのに、ピンクゴールドなど、ほかの色にアタリがよくでることもあるようだ。

その時の状況次第なので、シルバー以外の色も持っておいて、定期的にジグのカラーチェンジをしていこう!

釣り方の基本

■基本の釣り方
①指示ダナまで仕かけを下ろす
②竿を1回シャクると同時にリールを1回転巻く(ワンピッチジャーク)
③上の指示ダナまでワンピッチジャークしながら上げていく

③までやれば、また①に戻る。アタリがあればしっかりフッキングして巻き上げていこう!

「手巻きはしんどい」と言う人は電動巻きをしながら竿をシャクるのもよい。

アタリがあればフッキングして、後はゴリゴリ巻いていく。ドラグが緩いと、なかなか上がってこないので、しっかり締めておこう!

やり取りのコツ

ビンナガは海面付近までくると、回転しながら上がってくる。なので、タイミングよくタモ入れすることが必須。

また、船ベリに潜る際には必ず竿は立てないこと。竿を立ててしまうと、竿が折れてしまう。

半端ない引きが楽しめるとあって大人気のこの釣り、今期も何だか盛り上がりそうな予感。

今から準備をして、ぜひ今期はチャレンジしてもらいたい。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!