【ザブトン級も登場!!】美味しいカレイが釣れていますよ~!

冬も近づくと煮魚が食べたくなります。

冬の煮魚と言えばカレイ(マコガレイ)が真っ先に思い浮かびます。

ほかにも美味しい魚はいますが、子持ちのカレイの煮付けはたまりません。

ご飯のおかずにも、酒の友にも最高です。

身は夏、子は冬。いつ釣れても嬉しいのがカレイです。

そんなカレイですが、冬が近づきだんだんと接岸してきたのか、大阪湾の堤防各地で釣果が上がり始めています。

今回は最近の釣果と釣具店のイベントを紹介したいと思います。

最近の釣果

・兵庫エリア

11月11日

明石周辺でカレイ40.2cmと37cmをエサはマムシで

11月15日

林崎漁港でカレイ24.5~44.8cm9尾をエサはマムシで。

・大阪エリア

11月13日

泉南周辺でカレイ26.7~41.3cm3尾をエサは青イソメで。

泉南周辺でカレイ27~34.6cm5尾とイシガレイ27.3cmをエサは青イソメで。

情報提供:Tポート

以上が最近の釣果。大型もまじってよい人9尾など好調ぶりがうかがえますね。

Tポート貝塚店でカレイ大物賞開催中

Tポート貝塚店では、現在年末までカレイの大物を競うイベントが開催中。

エントリー方法は500円以上購入したレシート、釣れた魚、Tポートのポイントカードの3点が揃っていること。

※レシートの有効期限は48時間。

マコガレイの1尾長寸の審査で、近畿2府4県に加え、三重県の堤防または渡船区域で釣れた魚が対象になります。

現在のランキングはこちらのページをチェック

 

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!