【シマノのニューバッカン】シンプルだけど多機能なタックルバッグ3アイテム

バッカン。

用途、タイプを問わず、四角の形をした大きめ(横幅30~45cmぐらい)のケースのことを、釣り人はそう呼びます。

 

本来は、マキエを入れたり、生かしたまま魚を入れる用途として使われるケースが、バッカンです。

ちなみに、世間一般的にバッカンとは、鉄製の脱着式コンテナを指すそう。知らなかった…。

 

いずれも、四角という形と、物を入れるという点は共通。

釣り人としては、タックルケースと呼ぶよりも、バッカンという言葉の方が馴染みがありますが、進化しすぎて「タックルバッグ」と呼ばざるを得ない、そんなシマノの最新バッカン3アイテムを紹介します。

 

タックルボートバッグ(ハードタイプ)

出典:シマノ

ハード成型フタ採用の、シンプルな形のケースの「タックルボートバッグ(ハードタイプ)」。素材はEVAです。

インナーケース。フタ裏側にはメッシュポケットもあります

インナーケースは天面においてもずれにくく、ジャストフィット

インナーケースはぴったり収納。ハンドル付きなので取り出しやすく、しかも、ハンドルはかさばらない仕様と、至れり尽くせり

インナーケース採用なので、収納力もバッチリ。しかも、インナーケースは底足ラバー付きで、天面に置いてもずれにくい設計。収まりも、もちろんぴったり。ビューティフォー!

また、ショルダーベルトは防水仕様。これも密かにうれしい点。

 

22Lと27Lとの2サイズ、3色のラインナップ

22Lのブラックカラー

27Lのカーキカラー

22Lのグレーカラー

■SPEC

品番 カラー サイズ 外寸(cm) インナーケース(cm) 本体価格(税別)
BK-001T ブラック 22L 38×30×32 36×27×8 12,900円
BK-001T ブラック 27L 45×30×32 42×27×8 13,900円
BK-001T カーキ 27L 45×30×32 42×27×8 13,900円
BK-001T グレー 22L 38×30×32 36×27×8 12,900円
BK-001T グレー 27L 45×30×32 42×27×8 13,900円

シマノ公式「タックルボートバッグ(ハードタイプ)」詳細ページはこちら

 

ロッドレスト ボートバッグ(ハードタイプ)

先にご紹介した、「タックルボートバッグ(ハードタイプ)」に、ロッドレストが搭載された「ロッドレスト ボートバッグ(ハードタイプ)」。

高さがあるので、安定感もあり。2個採用なので、サブロッドにも対応しますね。

 

22L、27L、32Lの3サイズ、3色のラインナップ

22Lのブラックカラー

27Lのカーキカラー

22Lのグレーカラー

27Lのグレーカラー

■SPEC

品番 カラー サイズ 外寸(cm) インナーケース(cm) 本体価格(税別)
BK-007T ブラック 22L 38×30×30 36×27×8 13,400円
BK-007T ブラック 27L 45×30×30 42×27×8 14,400円
BK-007T ブラック 32L 52×30×30 50×27×8 15,400円
BK-007T カーキ 27L 45×30×30 42×27×8 14,400円
BK-007T カーキ 32L 52×30×30 50×27×8 15,400円
BK-007T グレー 22L 38×30×30 36×27×8 13,400円
BK-007T グレー 27L 45×30×30 42×27×8 14,400円

シマノ公式「ロッドレスト ボートバッグ(ハードタイプ)」詳細ページはこちら

 

EVA タックルバッグ(ハードタイプ)

ラストは、ベーシックな、これぞバッカン的なタイプ。

開けるとこんな感じです。

インナーケースもロッドレストもない、超シンプルなバッカン。

使用用途も広がりますね。価格帯も控えめです。

 

22L、27Lの2サイズ、2色のラインナップ

22Lのブラックカラー

27Lのブラックカラー

27Lのグレーカラー

 

■SPEC

品番 カラー サイズ 外寸(cm) 本体価格(税別)
BK-002T ブラック 22L 38×30×30 7,900円
BK-002T ブラック 27L 45×30×30 8,900円
BK-002T グレー 22L 38×30×30 7,900円
BK-002T グレー 27L 45×30×30 8,900円

シマノ公式「EVA タックルバッグ(ハードタイプ)」詳細ページはこちら

 

お好みで選べる、シマノの新しいバッカン。

ぜひ、お気に入りを見つけて、釣りに出掛けてくださいね。

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!