冬でもホットな釣果が期待できる、楽しい「チヌ(クロダイ)」釣りはいかが?

厳冬期になると、水温も下がり、狙えるターゲットも限られてきます。

また、北西風の影響で出船できる日が限られてくる場所も多くなります。

そんな、寒~い冬でもホットな釣果が期待できるのが、和歌山・美浜沖の「飼い付けチヌ」と言う釣りです。

和歌山・美浜沖の「飼い付けチヌ」

飼い付けチヌとは?

飼い付けとは、船長がポイントにエサを撒き、回遊してきた魚を足止めさせることです。

例年、この時期になるとチヌは産卵のために、深場から浅場へと移動してきます。

そのチヌ(クロダイ)を飼い付けして、ポイントに足止めして釣ります。

飼い付け専用のマキエカゴ

チヌと言うと、「そんなに美味しくないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、この美浜沖の飼い付けチヌを侮ってはいけません。

この時期のチヌは産卵をするため、荒食いして栄養を蓄えます。また、沖から入ってくるので臭みもなく、とっても美味しいんです。

筆者も味わったことがありますが、「本当にチヌ?」と言うぐらい、脂が乗って美味しかったのを覚えています。

釣り方は天ビンズボ釣り

この釣りはポイントとなる飼い付け場に船で行き、アンカーを下ろしたカカリ釣りで楽しみます。

釣り方は、マキエカゴと天ビンを使用した、天ビンズボ釣りです。

エサはマキエ、サシエともにオキアミを使用します。

オキアミは抱き合わせで付けるのがベター

釣り方はとっても簡単。

基本の釣り方

①仕かけを下ろす
②着底すれば、リールを巻いて糸フケをなくす
③オモリが船の揺れでトントン底を叩く程度でステイ
④魚のアタリがあれば向こう合わせでよい

慣れれば、手軽に楽しめる釣りです。

ぜひ、みなさんも美味しい、飼い付けチヌ釣りにデビューしてくださいね!

飼い付けチヌ便で出船している釣り船はこちら
平良丸の詳しい情報を見る
山見丸の詳しい情報を見る
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!