えっ、鍋にするとこんなに美味しいの⁉ 実は美味しい、冬の「イシダイ」

寒い、寒過ぎる! こんな日は”鍋”に限る!

と、言いながら、実はほぼ年中鍋を食べている鍋大好きな筆者。

そんな筆者が、ここ最近、

「う、旨過ぎる!」

と唸った鍋があります。

それは「イシダイ」のしゃぶしゃぶです。

脂乗り抜群な冬の「イシダイ」

イシダイは、一般的に夏が旬と言われていますが、実は冬によく脂が乗る魚。

冬は、特有の磯臭さも抜けて絶品となります。

刺し身でもかなり美味しいのですが、それを鍋にすると最高なんです。

で、これが4日間寝かしたイシダイ。

背が厚く、見るからに美味しそうな個体。これは期待が持てます。

驚愕の脂の乗り

で、捌いてみると、これがビックリ! 驚きの脂の乗りです。

さ、サシが入っている…。

ちなみにこのイシダイは40cmぐらいの大きさ。この大きさでこの脂の乗りはすごい!

恐るべしイシダイです。

ちなみに、出汁はイシダイのアラ(頭や骨)を焼いたものを使用しました。味付けはシンプルに塩のみ。

これがまた最高の出汁が出て、美味しいです。

刺し身を盛り付けたらこんな感じになりました。

これをしゃぶしゃぶにして食べます。

そのままでも美味しいですし、ポン酢を付けて食べても…、

美味しい!

薬味にオススメなのは、尾鷲の「虎の尾」。

これがまた、ピリっと辛くて最高です!

【時代は刺身に青とうがらし!】「虎の尾」がマジでオススメ

 

あまり、口にする機会は少ないかもしれませんが、もし釣れたり、近くの鮮魚店で売っていたら”買い”ですよ!

イシダイと似ている魚、イシガキダイも同じように絶品なので、ぜひ1度味わってみてくださいね!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!