【ビギナーでも楽しめる】「タチウオ」釣りとオススメの仕かけ

さまざまなエリアで爆発的な人気のターゲット「タチウオ」。

そのタチウオ釣りでオススメしたいのが、”テンヤ”と呼ばれる仕かけを使用して船から釣りを楽しむ、「船テンヤタチウオ」です。

船テンヤタチウオの実釣動画を見てみる

がまかつのフィールドテスター、三石忍さんが船テンヤタチウオを解説してくれています。

船テンヤタチウオは、タチウオ特有の食い上げてくるアタリが面白くて、筆者も1度経験してからハマってしまいました。

そんな楽しい船テンヤタチウオを攻略するカギとなるのが、テンヤ選び。そこで、今回は船テンヤタチウオにオススメしたい、がまかつの「船タチウオテンヤ」をご紹介します。

船タチウオテンヤ

最大の特長は、「下餌式」だということ。通常のテンヤはエサを固定する剣、つまりキーパーが上を向いていますが、「船タチウオテンヤ」は、下を向いています。

出典:がまかつ

キーパーが下を向いていることにより、エサのイワシが鈎の軸より下の位置にくることから、タチウオに

・鈎を見せない
・鈎軸を噛ませない

そして、鈎先がエサに近く掛かりが早いということを実現しました。

そんな「船タチウオテンヤ」は、

・掛けアワセ
・乗せアワセ

2種類からラインナップしています。

ガンガン掛けていきたい人向きの「掛けアワセ」

食い込み抜群な「乗せアワセ」

9対1調子や、8対2調子の竿を使う人は、積極的に掛けていきたい人は、掛けアワセがオススメです。

7対3調子をメインに使用する人は乗せアワセがベター。

好みの釣り方によりますが、筆者的にビギナーの人には乗せアワセをオススメします。

豊富なカラーバリエーション

カラーは5種類で展開しています。

その日の食い気や天気、潮に合わせて当たりカラーは変わっていくので、数種類のカラーを持っておくのがオススメです。

筆者的にマストカラーはケイムラ夜光です。

・ケイムラ夜光
・夜光
・パープルゼブラ
・レッド/グロースポット
・ステルスレッド

メーカー希望本体価格は、850円(税抜き)です。

船テンヤタチウオは、ビギナーでも気軽に楽しむことができる釣りです。

つりそくでは、船テンヤタチウオの基本的な釣り方も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【超入門】「テンヤタチウオ」早わかり講座!タックルから釣り方まで全紹介

がまかつ公式「船タチウオテンヤ」の詳細ページはこちら

がまかつ

高品質の代名詞として釣り人に愛されるブランド。1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!