【釣れすぎ注意!】堤防で手軽に色んな魚が狙える「堤防ヘッド」を紹介!

お手軽に魚が狙えるシーズンが本番を迎えました!
近年の釣りブームで、最近釣りを始めた方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなビギナーや、ファミリーも楽しめる、HAYASHIの「堤防ヘッド」を使った釣りを紹介!

堤防釣りの強い味方! 「堤防ヘッド」

出典:HAYASHI

この仕かけは、エサを付けて堤防のキワに落としたり、少し沖に投げて誘うだけで魚が釣れるというモノ。ビギナーや子供でも簡単に使えるので、釣り初心者にも超オススメ!

孫針付きで釣れやすい!

最大のポイントは「孫針が付いていること」!

メインの針の下にあるのが「孫針」

これによって、大きいエサを付ける場合はしっかりとホールドしてくれますし、針がしっかりと掛かりやすくなります。
また、虫エサなどの小さいエサは、2つの針に取り付けできるので、ダブルヒットの可能性もあるのも魅力的!

孫針が付くことで、誰でも簡単に魚を掛けられるように!

人気のターゲットが狙える

狙える魚は、シロギス、ハゼ、カサゴ、アジ、メバル、タイや、小型青物などの、美味しい魚が狙えます!

ハゼを釣ったHAYASHIの吉田さん

キス

アジ

使い方はとっても簡単

まず、必要なもの。

7gぐらいの物を投げられるロッドと、1000~2500番のスピニングリール! これだけで「堤防ヘッド」を使うことができます!

あとは堤防ヘッドに、ワーム(疑似餌)やエサを付けるだけ。

エサは虫エサや、イカや魚の切り身、キビナゴなどを付けるのがオススメ。虫エサが苦手な方は、似せた形のワームがあるので、それで代用できます!

誘い方

基本的な誘い方は、堤防のキワや少し沖に投げて底をとり、チョンチョンと弾ませるように誘い、放置。これを繰り返します。

「ググッ!」と竿先に反応があれば、竿を煽って魚に針を掛けましょう! 怪しいと思ったら合わせることがポイントです!

サイズ&カラーのラインナップ

ヘッドの重さ別に、2.5g、3.5g、5.5g、7gでラインナップ!

足下の堤防のキワを狙うのであれば2.5g、少し沖まで投げたり、潮の流れが強い時は重さを上げていくのがオススメです。

カラーは5種類!

好きな色を使えばOK! ただ、色によって反応に違いがある場合があるので、何種類か持っておくのがベターです。

スペック

■入数:2個入り

■価格:オープン価格

 

誰でも手軽に色々な魚が釣れる「堤防ヘッド」。美味しい魚をたくさん釣って、晩ご飯を豪華にしちゃいましょう!

HAYASHI公式「堤防ヘッド」詳細ページはこちら

実釣動画はこちら!

林釣漁具製作所 プロフィール

高知県高知市に拠点を置く創立1946年の老舗漁具メーカー。漁の実績に裏付けされた長年のノウハウを駆使し、ライトゲーム中心の「Tict」、エギングでは「餌木猿」、ソルトゲームの楽しさを追求する「HAYASHI」の3つのブランドを構える。各ジャンルでこだわりの詰まった製品をプロデュースしている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!