ターゲット&釣り方でベストなロッドが見つかる【海上釣り堀の竿選び】

ファミリーやビギナーでも手軽に大物釣りが楽しめる海上釣り堀。

関西や中部を中心に、全国的にも人気のある釣りジャンルです。

 

そんな海上釣り堀、レンタルタックルも完備されているので、初めてなら竿やリール、仕かけを持たずに釣行もできますが、慣れてくれば自分のロッドで楽しみたくなるのが釣り人の性ですよね。

では、購入する時は、どんな竿を選べばよいのか?

そんな方にオススメなのが、ハリミツから発売の「海上釣堀 誘い掛」シリーズ。アングラーの用途にピッタリの性能の竿が選びやすくなっています。

と言うのも、このシリーズ、3タイプありますが、ターゲットや釣り方がネーミングされており、その選択が容易にできるんです

出典:ハリミツ

 

商品に分かりやすいネーミング

「海上釣堀誘い掛」シリーズは、頻繁に誘いを入れる手持ちスタイルの釣りに最適なロッドですが、商品名の最後に「赤」、「青」、「脈」と付いています。

これが、このシリーズの特長のひとつ。自分の釣り方や釣りたい魚に合わせて一目瞭然で選べます。

海上釣り堀は、マダイを中心にブリやヒラマサ、カンパチなどの青物、ヒラメやソイなどの根魚など、それぞれで魚種豊富に放流されていますが、メインとなるのはマダイ、青物。1つの竿でも狙えないことはないですが、やはりターゲットに応じたロッドを使えば、食い込みのよさや、やり取りのしやすさが変わり、釣果も期待できます。

そういう点から、釣りたいターゲットに応じた竿選びは重要になります。

 

海上釣堀 誘い掛 赤

 

海上釣堀 誘い掛 赤」のターゲットは、「赤」から想像できるように釣り堀の主役、マダイ。

目玉として入っている大ダイを含めたマダイ狙いに最適な仕上がりになっています。

 

穂先はカーボンソリッド仕様で、ウキ釣り、ミャク釣りを問わずに誘いを掛けやすく、感度もよいのでシマアジ狙いにもオススメ。

 

いろいろ狙いたいけど、どれか1本となれば、操作性がよく、大物にも耐えるパワーも備えた「赤」が最適です。

全長は、釣り場が小さいイケスの場合でも取り回しがしやすい2.5m。短めなので四隅も狙いやすくなっています。

価格は29,150円(税込み)です。

ハリミツ公式「海上釣堀 誘い掛 赤」詳細ページはこちら

 

海上釣堀 誘い掛 青

 

海上釣堀 誘い掛 青」、「青」と言うネーミング通り、青物狙いに最適な竿。

 

こちらはグラスソリッド穂先で、エサを食い込ませる柔軟性が抜群。違和感なく、しっかりとエサを飲ませて、確実にフッキングに持ち込めます。そして、ブランクスは高強度で、大型青物の強引にも耐える十分なパワーを兼備。

竿の粘りとパワーで、掛けてから取り込みまでが短時間で行えます。やり取りがスムーズにいけば、時合を逃さずに済み、連続ヒットも狙うことが可能ですね。

 

竿の全長は2.7m。赤と同じく、小マスでも扱いやすい長さに設定されています。

価格は30,250円(税込み)です。

ハリミツ公式「海上釣堀 誘い掛 青」詳細ページはこちら

 

海上釣堀 誘い掛 脈

 

3機種目は「海上釣堀 誘い掛 脈」。

こちらはターゲットではなく、釣り方に特化した竿に仕上がっています。

脈の商品名が示すように、このロッドはミャク釣りに適した竿。穂先にはナント、形状記憶チタントップを採用(※形状記憶チタニウム合金の性質上、氷点下の状況ではお使いになれません)し、その感度は強烈。

エサの重さだけ、あるいはガン玉程度の軽いオモリを付けた仕かけを違和感なくスローでフォールさせる際も、手ブレによる穂先のふらつきをしっかりと抑えてくれるので、フォール中のアタリも明確に判別可能です。

 

シマアジなど、場合によっては浮いてくる魚に対しても、スローフォールの見釣りで、口を使わせて掛け合わせる釣りにも適してますね。

 

全長はシリーズで最も短い2.4m。イケスの四隅や網の際狙いも、やりやすくなっています。

価格は29,150円(税込み)です。

ハリミツ公式「海上釣堀 誘い掛 脈」詳細ページはこちら

 

海上釣り堀はビギナーにも釣果を望める釣りですが、釣り方や対象魚に合った竿で狙えば、さらに釣果も期待できます。

海上釣り堀の竿選び、この3タイプならもう迷いませんね!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!