【根掛かり軽減のスリム形状】根の荒いエリアにはイチオシの「船のエギタコ用オモリ」

各地で船のタコ釣りが好シーズンを迎えています。

近年の人気はエギタコ。文字通り、タコエギでマダコを狙う、手軽であり、かつゲーム性が高く奥が深いという、ビギナー、ベテランを問わずにハマる釣りです。

 

このエギタコ釣り、エリアによっては根掛かりの少ないポイント、岩礁帯があって意外と仕かけをロストする釣り場とさまざま。最近はエギ2個付けが流行っているので、もし根掛かり等で仕かけをロストすると、手返しが悪くなって釣果が伸びないのはもちろん、お財布にも響いてきます。

そんなエリアでは、根掛かりを少しでも回避できる仕かけがありがたいもの。宇崎日新の「NISSIN タコエギシンカー」は、そのスリムな形状と機能から、根掛かりを軽減できるアイテムです。

 

NISSIN タコエギシンカー

出典:宇崎日新

 

このタコエギシンカー、見てもらえば分かるように、スリムで細長い形状。この形が根掛かりを軽減してくれます。

メバルやカサゴ釣りでは、根掛かり軽減のために「ホゴオモリ」と言う細長いオモリが使われたりしますが、それと同じような形です。

船のエギタコ釣りでは、タコエギを踊らせるためにオモリを立てたり寝かしたりして誘いますが、このオモリは元々高さがある上に、背高ワイヤーを採用しているので、エギやスッテのセット位置が自然と高い位置に。

なので、根が荒いポイントでも、仕かけが底を引きずりにくい位置にあって根掛かりしにくく、さらにタコが触ってくれば、アタリがでやすいメリットも。

また、仕かけが底から少し離れている分、タコエギやスッテの動く範囲が広がり、常にユラユラと動いてタコにアピールしてくれるんです。

カラーラインナップ

カラーは、上記の4色がラインナップ。

アピール力の高いグローを下地に、ピンクやイエロー、グリーンと、これまたタコに実績のあるカラーのゼブラ模様も用意されています。

号数は50号のみで、価格は全色750円(税別)です。

 

仕かけをロストすれば、作り直して再投入までの時間をロスし、場合によっては短い時合を逃しかねません。

根掛かりの多いエリアでのエギタコ釣りは、根掛かりを避けることが釣果を伸ばす秘訣の1つ。そんなエリアでは、このオモリの出番ですね。

宇崎日新公式「NISSIN タコエギシンカー」詳細ページはこちら

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!