堤防などでのチョイ投げ釣りに!コンパクトサイズの竿受け!第一精工の「チビ三脚」

ビギナーの方でも簡単手軽に楽しめる、“チョイ投げ釣り”

投げて巻くもよし、そのままアタリを待つもよしと、他の釣りをしながらでも魚を狙うことができます! 今の時期では、シロギスなども狙えるので、ちょっとしたお土産を釣るにも最適です!

さて、そんなチョイ投げ釣りですが、アタリを待つ間、地面に直接竿を置いていませんか?

タックルの直置きは、傷や破損の原因になるほか、足に引っ掛けて思わぬ事故にもつながります。

出典:第一精工公式「チビ三脚」詳細ページ

今回紹介するのは、そんなチョイ釣りにピッタリのアイテム、第一精工「チビ三脚」

防波堤や海上釣堀などで活躍するコンパクトロッドホルダーです。

「チビ三脚」のスペック

「チビ三脚」の内容は、大・小の2つのロッドホルダーがセットになっており、専用ケースが付属。


●サイズ:290×45×18.5mm
●重量:121g

●サイズ:230×45×18.5mm
●重量:98g

付属ケース収納時


●収納サイズ:312×120×19mm
●重量:246g(含む、大・小各1個)
●入数:2個(大・小各1個)
●付属品:ゴムリング(竿すべり防止用)

本体価格:¥1,540(税込)

第一精工公式「チビ三脚」詳細ページはこちら

使い方は簡単!

使い方は簡単、「チビ三脚」を開いてロッドをセットするだけ。

ケース付きで、サイズもコンパクトなので持ち運びも簡単なので、堤防などのちょっとした釣りにピッタリのアイテムです。

長めのロッドであれば、大と小、二つを用意しておくのがベスト。コンパクトロッドであれば一つだけでも十分に支えてくれます。

安定性にも優れ、竿すべり防止用のゴムリングも付属しているので、ズレ落ちる心配もありません。置き竿中のアタリでも、ラインがスムーズに出る設計になっているので安心です。

堤防でのちょい投げのほか、アオリイカのヤエン釣りにも活躍します。

タックルの直置きは気を付けていても、知らずに傷などがついてしまいます。「チビ三脚」は価格も手ごろなので、持っていて損のないアイテムです。ぜひチェックしてみてください!

第一精工(DAIICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!